CX、手荷物の取扱いに関する新たな規定を導入

更新日: 2016年08月22日

情報提供:キャセイパシフィック航空

画像・動画(C) キャセイパシフィック航空

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CX、手荷物の取扱いに関する新たな規定を導入
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



CX


キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空は、受託手荷物許容量の増加や超過手荷物料金の引き下げなどを盛り込んだ、手荷物の取り扱いに関する新たな規定の導入を発表した。

新たな重量制では利用クラスを問わず、全ての乗客の受託手荷物許容量が10キロ追加となり、さらにマルコポーロクラブ会員には引き続き、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの各メンバーシップティアに応じて、それぞれ10キロ、15キロ、20キロの追加手荷物許容量が提供される。また、航空業界全般の標準に習い、利用フライトの発着区間(ゾーン)に応じて定められる超過手荷物料金も改定され、新規定では超過手荷物料金が最大で40%引き下げられる。

就航都市の空港におけるチェックインの効率化と、乗客の待ち時間の短縮を図るため、新たな規定では個数を加味した重量制に基づいて受託手荷物許容量が定められる。これによりビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラスの利用客は2個、ファーストクラスの利用客は3個までの手荷物をそれぞれの重量制限内で無料で預けられる。さらにマルコポーロクラブのゴールド会員、ダイヤモンド会員には利用クラスの許容量に加えて、許容量がさらに1個の追加できる。

香港ドラゴン航空では、受託手荷物許容量の追加に加えて、全ての利用クラスで最大5キロまでと定められている機内持ち込み手荷物の許容量を、キャセイパシフィック航空と同様、エコノミークラスとプレミアム・エコノミークラスで7キロ、ビジネスクラスで10キロ、ファーストクラスで15キロとする。

上記の新たな受託手荷物許容量は、2016年9月15日以降の発券、もしくは再発券された航空券より適用される。なお、機内持ち込み手荷物許容量の改定は、発券日に関わらず2016年9月15日以降に適用される。

手荷物の取り扱いに関する新たな規定の詳細は、キャセイパシフィック航空ウェブサイトの「手荷物に関する情報」を参照のこと。

Cathay Pacific

ウェブサイト

http://www.cathaypacific.com

関連記事

新着記事


このページの先頭へ