キャセイ、2017年12月からマンチェスター線をデイリー運航

更新日: 2017年04月12日

情報提供:キャセイパシフィック航空

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャセイ、2017年12月からマンチェスター線をデイリー運航
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


キャセイパシフィック航空はこの程、現在週4便で運航している香港/マンチェスター線を、2017年12月1日から毎日1便のデイリー運航に増便することを発表した。

イングランド北部の都市マンチェスターへは、2017年末までに週6便に増便することがすでに発表されていたが、渡航需要の高まりを受けさらなる増便を決定。日本から直行便のないマンチェスターへ、香港経由でスムーズな旅を提供する。


CX Manchester 1

画像提供:キャセイパシフィック航空



また、2017年6月以降、香港/マンチェスター線の運航機材は、現在のボーイング777-300ER型機からエアバスA350-900型機へすべて変更される。マンチェスターは、キャセイパシフィックが同社の最新鋭機を投入する、ロンドン・ガトウィックに次ぐ英国で2番目の都市となる。

今日キャセイパシフィックは、香港/英国間の路線で最多となる便を運航。長距離路線市場の中で、同社が最も長期間にわたり運航を続けてきた英国市場において、カバーするエリアの拡大に全力で取り組んでいる。香港/ロンドン・ヒースロー線を毎日5便で運航する一方、ロンドン・ガトウィック線は現在の週4便を、2017年6月1日から毎日1便に増便する。


CX Manchester 2

画像提供:キャセイパシフィック航空



キャセイパシフィックは近年、香港を拠点とした長距離路線ネットワークを飛躍的に拡充しており、2015年にはチューリッヒおよびデュッセルドルフ路線、2016年にはマドリードおよびロンドン・ガトウィック路線を開設している。また、2017年3月には最新鋭のA350型機を投入したテルアビブ路線を開設し、さらに7月にはバルセロナ、同じく12月にはクライストチャーチに、それぞれ季節運航にて就航する。


2017年12月1日からの香港 / マンチェスター線(すべて現地時刻)


便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

CX357

香港

マンチェスター

01:10/06:20

毎日

CX358

マンチェスター

香港

11:55/07:30+1

毎日


  • 便名、運航スケジュールは予告なく変更となる場合があり

Cathay Pacific

ウェブサイト

http://www.cathaypacific.co.jp

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ