現代に蘇った昌徳宮の「芙蓉亭」

更新日: 2012年11月06日

情報提供:韓国観光公社

画像・動画(C) 韓国文化財庁 昌徳宮管理所

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 現代に蘇った昌徳宮の「芙蓉亭」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



東闕図(左)、復元された「芙蓉亭」(右)



昌徳宮の後苑にある宝物第1763号「芙蓉亭(プヨンジョン)」が、東闕図(国宝第249号)に描かれているそのままの形で復元された。「芙蓉亭」の修復に際して参考資料となった「東闕図」は、1820年代に制作された昌慶宮と昌徳宮の王宮が描かれたもの。2011年10月から進められていた工事は今年9月17日(月)に終了し、一般に公開されている。

부용정 (Boo Yong Jung)

場所

ソウル特別市鐘路区昌徳宮後苑内

入場料

〔大人〕 KRW3,000 〔学生・子ども〕 無料

ウェブサイト

http://www.cdg.go.kr

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ