アールヌーヴォーの殿堂「オルタ美術館」が拡張

更新日: 2016年11月24日

情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アールヌーヴォーの殿堂「オルタ美術館」が拡張
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



Horta Museum, Brussels
(配信元:Europa Nostra/YouTube)



「アール・ヌーヴォー建築の父」と呼ばれるヴィクトル・オルタ(1861-1947)。彼の自宅兼アトリエだった建物は現在、「オルタ美術館」として公開されている。この建物は「オルタ邸」とも呼ばれ、ブリュッセルにあるオルタが手掛けた「タッセル邸」「ソルヴェイ邸」「ヴァン・エドヴェルド邸」と共に、世界遺産に登録されている。

オルタ邸が建築された1898年から1901年は、ヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動「アール・ヌーヴォー」の最盛期。オルタ美術館のモザイク、ステンドグラス、家具、絵画、壁からは、どれも素晴らしい調和と洗練されたアール・ヌーヴォー建築らしい特徴が見られる。

2016年10月からは、そんなオルタ美術館の本館に加え、併設する別棟も見学できるようになった。別棟にはショップや事務所などが入っている他、企画展の展示室もあり、ヴィクトル・オルタ、そしてアール・ヌーヴォーについての研究センターの役割も果たしている。事前に予約をすれば、オルタのアーカイブや設計図、ライブラリーも見られる。

Hortamuseum

開館時間

火~日 14:00~17:30

休館日

月曜、祝日

ウェブサイト

http://www.hortamuseum.be

備考

団体は事前予約をすれば午前も訪問可

(動画はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ