マグリット没後50年記念展

更新日: 2017年05月15日

情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - マグリット没後50年記念展
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ルネ・マグリットは、ベルギーの首都ブリュッセルで活躍したシュルリアリズムの巨匠。1967年8月15日に68歳で他界し、ブリュッセルのスカールベーク墓地に葬られた。2017年は、マグリット没後50年という記念の年。これを受けブリュッセルでは「マグリット没後50年」の記念展が開催される他、画家が活躍した街をのんびりと訪ね歩いてみるにも最適な年である。


Magritte_museum

マグリット美術館(当編集部撮影)



マグリット美術館(王立美術館別館)


「今も生きるマグリット」をテーマに、マグリットと同時代のシュールレアリスト、マルセル・ルコントやマグリットの方向性を変えたとされる画家、ジョルジュ・キリコらの作品と比較する特別展。

今年マグリット美術館(王立美術館分館)に入場すると、「マグリットの家ミュージアム」への入場料が2ユーロディスカウントされるクーポンが配布されている。

Magritte is alive!

会期

2017年10月13日~2018年2月18日

場所

René Magritte Museum

ウェブサイト

http://www.magrittemuseum.be


アトミウム


本特別展では、ルネ・マグリットの代表作の世界をビジュアル化。マグリットの世界が体感できる。

MAGRITTE. – Atomium meets Surrealism.

会期

2017年9月21日~2018年9月16日

場所

Atomium

ウェブサイト

http://www.atomium.be

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ