アルルの衣装祭り、2017年は「アルルの女王」が選出

更新日: 2017年02月14日

情報提供:フランス観光開発機構

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アルルの衣装祭り、2017年は「アルルの女王」が選出
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



Arles

(C) G.Vlassis


南仏プロバンス地方にあるアルルは、古代ローマ時代から中世にかけての歴史の息吹が強く感じられる町だ。ローマ時代には首府が置かれ、今なお闘牛が行われる「円形闘技場」や「劇場」をはじめ、 プロヴァンスに現存する最大の「浴場」や郊外にある大規模な「墓地」など、数多くのローマ遺跡が点在している。


Arles_ClotitreStTrophime

(C) J.Girardet



アルルは中世、宗教の中心地でもあった。彫刻が美しい回廊があるロマネスク様式の「サン・トロフィーム教会」に、多くの観光客が訪れている。さらにアルルは、ゴッホが晩年過ごした町としてもよく知られている。


Le-café-le-soir

(C) Office de Tourisme d'Arles



そうしたアルルでは、1903年から伝統的な衣装を身に纏った500にもおよぶ人々がパレードする「アルルの衣装祭り」が行われている。パレードは、レピュブリック広場から出発し古代劇場までを練り歩いた後、ダンスなどが行われる。無料で見物ができ、見る価値の高い民族祭りとなっている。また、この祭では3年に一度、アルル生まれの女性の中から「女王」が選出されるが、2017年はその開催年となっている。


アルルの衣装祭り

(C) Office de Tourisme d'Arles



この「アルルの女王」に選出される条件は、アルル出身であること以外にも、プロヴァンス文化における知識やプロヴァンス語の能力など、様々な厳しい基準が設けられている。新女王は、2017年5月1日に発表される予定で、7月2日に古代劇場で行われる「アルルの衣装祭り」では、女王にだけ許される純白の民族衣装を纏い優雅に現れる。

Fête du Costume

開催日

2017年7月2日

会場

アルルの古代劇場など

ウェブサイト

http://www.comitedesfetes-arles.com/la-fete-du-costume.html

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ