2017年4月、ローマのアイコン的ホテル「エデン」が再オープン

更新日: 2016年11月10日

情報提供:ドーチェスター・コレクション

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2017年4月、ローマのアイコン的ホテル「エデン」が再オープン
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



欧米にラグジュアリー・ホテルを所有もしくは運営をしている「ドーチェスター・コレクション」はこの程、グループ10軒目の「ホテル・エデン」の再オープンが、2017年4月に決定したことを発表した。

ローマのアイコン的なホテル「エデン」は、2015年11月に大規模な改装をスタート。これまで愛され続けてきた同ホテルのスピリットを留めつつ、さらに引き立つものへと生まれ変わる。


Hotel_Eden_view_at_dusk

「ホテル・エデン」からの眺め (C) Dorchester Collection



今回の改装に伴い、121室だった客室は全98室に。広々としたゲストルームとスイートへと姿を変え、さらに永遠の都ローマのパノラマビューが魅力のフード&ドリンク・コンセプトも誕生する。さらに4室のスイートを完備したアーバンスタイルのスパも新登場する。

スパには、贅沢なシグネチャー・トリートメントやソニア・ダカールやオフィチーナ・プロフーモ・ファルマチェウティカ・ディ・サンタ・マリア・ノヴェッラのウェルネスプロダクツ、さらにはブロードライ・バー、マニキュア&ペディキュア・サロンも並ぶ。

また、改装後はローマらしいクラシックな魅力に、コンテンポラリーなテイストが加えられる予定で、このプロジェクトは「4BI&アソシエイツ」のインテリア・デザイナー、ブルーノ・モワナーとクレア・ベタイユ、さらに「ジュアン・マンク」のパトリック・ジュアンとサンジット・マンクによるデザイングループが手がけている。

「ホテル・プラザ・アテネ」のパブリック・スペースのデザインや、2014年にザ・グリル・アット・ザ・ドーチェスターの改装を成功させたモワナーが今回、ロビーと客室、さらにスイートルームのインテリアデザインを監修。パトリック・ジュアンとサンジット・マンクが、最上階の素晴らしい眺めが有名なレストランとバーの改装を担当している。

同ホテルの予約はすでに開始されており、オーグニングでは大変な盛り上がりが予想されている。詳細は、「ドーチェスター・コレクション」の公式ウェブサイトを参照。

Dorchester Collection

ウェブサイト

http://dorchestercollection.com

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ