ミラノ・スカラ座のシーズンが開幕!主役を飾るのは「日本」

更新日: 2016年12月15日

情報提供:イタリア政府観光局(ENIT)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ミラノ・スカラ座のシーズンが開幕!主役を飾るのは「日本」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



Madama Butterfly - trailer (Teatro alla Scala) (配信元:Teatro alla Scala/YouTube)



ミラノ・スカラ座 ~ ジャコモ・プッチーニ『蝶々夫人』


2016年12月7日、ミラノ・スカラ座のオペラシーズンは、ジャコモ・プッチーニの『蝶々夫人』で開幕。オペラ台本、ヴォーカルスコアの面からも、「日本人女性の悲劇」を歌ったこの作品がスカラ座で初めて上演されたのは1904年2月7日のこと。当時は多くの観客の賛同を得ていたとは言えないものの、時が流れるにつれ、プッチーニのオペラ作品の中でも、特に愛される作品として数えられるまでなった。

Teatro alla Scala

ウェブサイト

http://www.teatroallascala.org



特別プロジェクト「プリマ・ディッフーザ」

ミラノでは今シーズン、「プリマ・ディッフーザ(Prima Diffusa)」というプロジェクトの下、『蝶々夫人』と作曲家プッチーニに捧げられた会議や展示会、工房やコンサート、演劇などが開催される。そうした市内各所で催される多彩なイベント(一部無料あり)通じ、街全体を盛り上げる。主な注目イベントは以下の通り。

茶の湯


リベルティー館(ラルゴ・マリナイ・ディタリア)の特設スペースでは、日本の伝統文化である「茶の湯」が開催される。

開催日

2016年12月4日

場所

リベルティー館の特設スペース


蝶々夫人の図版


スカラ座の美しいデザインにヒントを得た著名な漫画家ミーロ・マナーラ氏は、この「プリマ・ディッフーザ」プロジェクトのために『蝶々夫人』の図版を特別に制作。カンパニア通り12にある「Wow‐Spazio Fumetto」で開催される「Un fil di fumetto」展で展示される。

開催日

2016年12月3日~2017年1月8日

場所

Wow‐Spazio Fumetto


プッチーニコンサート


リベルティー館(ラルゴ・マリナイ・ディタリア)で行われる無料コンサート。

開催日

2016年12月11日

時間

17:00~

場所

リベルティー館


特別イベント「西洋と東洋、料理での出会い」


「プリマ・ディッフーザ」は、星付きシェフ、ロベルト・オカベ氏が中心となって行われるエディソン宮での特別イベント「西洋と東洋、料理での出会い(Incontro in cucina fra occidente e oriente)」をもって締めくくられる。

開催日

2017年1月14日

場所

エディソン宮


上記の他に予定されている全イベントはこちら(伊語)を参照。

Madama Butterfly in città - Comune di Milano

ウェブサイト

http://www.comune.milano.it/wps/portal/ist/st/Madama_Butterfly

(動画はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ