デ・スタイル100年、モンドリアンの大回顧展がスタート

更新日: 2017年06月28日

情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - デ・スタイル100年、モンドリアンの大回顧展がスタート
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


19世紀にオランダで生まれた「デ・スタイル芸術運動」が100周年を迎えた2017年、オランダ各地で「モンドリアンからダッチ・デザインへ」と題した、デ・スタイルから現代のダッチデザインへの流れを読み解く企画展やイベントが予定されている。
そのハイライトとなる「モンドリアン回顧展」が、ハーグ市美術館(Gemeentemuseum)で2017年9月24日まで開催されている。


Gemeentemuseum

モンドリアンの大回顧展が開催されているハーグ市美術館
画像提供:オランダ政府観光局



「デ・スタイル」とは、オランダ語でスタイル(様式)の意。第1次世界大戦の最中の1917年に創刊し、1928年まで続いた雑誌『デ・スタイル』を中心とする芸術運動である。

オランダを代表する画家モンドリアンはその中心的な役割を果たした人物で、「絵画」という2次元の世界でデ・スタイル誌がなくなった後も終生、その理念を追求した。19世紀から現在に至るまで、美術、デザイン、建築などの分野でその強い影響が見られる。

本展は、モンドリアンの故郷であるオランダで、初期作品から遺作となった『ビクトリー・ブギウギ』まで全時代の作品が展示されており、現代のアートやデザインを見つめる上でも大変興味深い企画展となっている。また、ハーグ市美術館はおよそ300点と収蔵する世界最大のモンドリアン・コレクションを誇る美術館でもあり、それらの作品はすべてこの企画展で展示されている。

ハーグ市美術館へは、オランダ鉄道ハーグ中央駅の駅前にあるバス乗り場から24番を利用し約20分。

De ontdekking van Mondriaan

会期

2017年9月24日まで(月曜を除く毎日)

場所

ハーグ市美術館

ウェブサイト

https://www.gemeentemuseum.nl

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ