「ラグビーワールドカップ 2015」は英国で開催

更新日: 2015年08月12日

情報提供:英国政府観光庁

画像・動画(C) VisitBritain / Steve Bardens

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「ラグビーワールドカップ 2015」は英国で開催
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



DescriptionVB34134064


英国生まれのスポーツ「ラグビー」


世界3大スポーツイベントの一つに数えられている「ラグビーワールドカップ」。4年に1度開催されるこの世界的なスポーツイベントが、今年の9月18日から10月31日まで、ラグビーの故郷イングランドで開催される。
この世界的なスポーツが誕生したのは、その名の由来にもなったイングランド中部にあるラグビーという町。この小さな町には、歴史を感じさせる建造物や裏路地が残る。また、ここには世界随一の英国車のコレクションを誇る「ヘリテージ・モーター・センター」や、英国を訪れたらぜひ足を伸ばしてみたいケニルワース城とエリザベス・ガーデンがある。
城の主は、エリザベス女王1世の寵愛を受けたロバード・ダドリー。ウォーリックシャーの長閑な田園風景の中に佇むこの城は、その時代イングランドで最も洗練された建築物であった。


日本代表チームのキャンプ地は、シェイクスピアゆかりの地


そのラグビーから約32キロの場所に広がるのが、イングランド有数の観光地「シェイクスピアのイングランド」。
吟遊詩人、ウィリアム・シェイクスピアゆかりの地であるストラットフォード・アポン・エイボンと、ウォーリック地区からなるこのエリアには、建造から1,100年を迎えた「ウォーリック城」や「シェイクスピアの生家」、シェイクスピアの母が住んでいた「メアリー・アーデンの家」、シェイクスピアの妻「アン・ハサウェイのコテージ」などの見どころが多く集まっている。また、「ロイヤル・シェイクスピア劇場」は、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのシェイクスピア劇が鑑賞できる劇場として知られている。
大会期間中、ストラットフォード・アポン・エイヴォンから約20キロの距離にある「ウォーリック・スクール」が、ラグビー日本代表チームのキャンプ地となっている。

Shakespeare's England

ウェブサイト

http://www.shakespeares-england.co.uk

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ