レヴェリー・サイゴン、アートを通じてベトナムの歴史を紹介

更新日: 2017年07月27日

情報提供:リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レヴェリー・サイゴン、アートを通じてベトナムの歴史を紹介
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


オープン直後から世界中の称賛を浴びている「ザ・レヴェリー・サイゴン」が2017年7月、アートを通じてベトナムの歴史を紹介する終日エクスカーション「パールズ・オブ・サイゴン」をスタートさせた。

ソフィーズ・アート・ツアーとサロン・サイゴンとのパートナーシップによる本ツアーでは、今アジアで人々を引き付けて止まないホーチミンにある博物館やギャラリー、アーティストのスタジオなど、特別な場所を約8時間かけて巡る。


Reverie Saigon

The Leading Hotels of the World



ツアーを率いるのは、経験豊かで学究的なアートの専門家ソフィー・ヒューズとストゥー・パーマー。2人は2009年からベトナムを拠点に、ギャラリー・マネージャーやフィルム・フェスティバル・ディレクターとして、さらにアーティスティック・コラボレーターとして、ベトナムのアートシーンを牽引してきた。ソフィーは、2011年に「ソフィーズ・アート・ツアー」を創設し、ベトナムのアートと海外からのトラベラーを結ぶ架け橋として活躍している。

本ツアーは、ゲストに合わせて内容を編成。アートに少し興味がある場合にはカジュアルな内容で、熱心なアートファンにはより深遠なテーマを企画している。中でも、エコール・シュペリア・デ・ボザール・ド・インドシナ(EBAI)出身のアーティストをはじめとするモダン、ポストモダン作品をコレクションする「ドゥック・ミン・プライベートギャラリー」は必見である。

また、コンテンポラリーな作品とベトナムの伝統や歴史をパフォーマンス、上映、教育プログラムを通してアジアの他文化を紹介する「サロン・サイゴン」では、本ツアーへの参加者のために伝統的なベトナム料理の5コース プライベートランチを用意。追加料金を支払えば、食事中にピアノ演奏のリクエストや15分間の伝統舞踊のパフォーマンスのリクエストにも応じてもらえる。

その他、裕福な商家の大邸宅(1929年建造)を使用した「ホーチミン市立美術館」や選りすぐりのギャラリー、状況によりアーティストの家やスタジオへの訪問も可能な「パールズ・オブ・サイゴン」には、2泊分の宿泊、空港への往復送迎、朝食、運転手付きプライベートカーのサービス、ツアー車内でのスイーツ、軽食、ドリンク(ノンアルコール)などが料金に含まれている。

The Reverie Saigon

ウェブサイト

http://www.thereveriesaigon.com

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ