トム・ブラッドレー新国際線ターミナルの新店舗 発表!

更新日: 2012年12月13日

情報提供:ロサンゼルス国際空港

画像・動画(C) Westfield LAX

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トム・ブラッドレー新国際線ターミナルの新店舗 発表!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed





ロサンゼルス-アントニオ・R・ビヤライゴーサ・ロサンゼルス市長、ロサンゼルス国際空港公団(LAWA)、ならびにウェストフィールド・グループがこの度、トム・ブラッドレー新国際線ターミナル(TBIT)に、地元ロサンゼルスの22ブランドを含む60以上の高級レストラン、ショッピング施設が出店することを発表した。

ウェストフィールドとそのテナントとなるパートナー企業は、TBITの新しい飲食・小売施設の開発プロジェクトに8,000万ドルを投資。新しいTBITの第1期工事には、グレート・ホールやターミナル西側の搭乗ゲートの新設が含まれ、2013年春のオープンを予定している。また、第2期工事ではターミナル東側の新搭乗ゲート、新たな連邦政府セキュリティ・チェック・エリア、最新機器を導入した税関・到着ロビーなどが加わり、2014年までの完成を目指すとしている。

新しいTBITプロジェクトはロサンゼルス市史上最大の公共工事であり、25近い個々のプロジェクトからなる総額41億ドルのLAX近代化プロジェクト「LAneXt」™の一貫として行われる。LAXの近代化は4万人の雇用を創出しているが、この費用に税金は使われていない。TBITだけでほぼ4,000人の建設関連の雇用をもたらし、飲食・小売店では1,700人の常勤の雇用を促進するとみられている。

ウェストフィールドが手掛ける同プロジェクトには、42の店舗がLAXに初めて出店。うち28店舗は空港初出店となる。新しいTBITにオープンする飲食施設は国際色豊かで、新鮮な素材を活かした料理を提供。シェフらが料理の腕を競う人気番組「トップ・シェフ」でチャンピオンとなった人気シェフ、マイケル・ボルタッジオのサンドイッチ店の「ink.sack」、「トップ・シェフ・マスターズ」に出演した2人組み人気シェフ、スーザン・フェニガーとメアリー・スー・ミリケンによる洗練されて現代的なメキシコ料理が楽しめる「Border Grill」、薪窯で焼き上げる人気のピザ屋「800 Degrees Pizzeria」など、旅行者が利用しやすいよう、テーブル席のレストランからカジュアルなスタイル、そしてテイクアウトが可能な店舗まで取り揃えられている。

新TBITは総面積はおよそ約2,320平方メートル。3つの独立した高級ファッション・ブランドの店舗が開業を予定しているが、DFSギャラリアが運営する免税品店の魅力的なラインナップも大きな目玉の一つとなている。

Westfield at LAX

ウェブサイト

http://westfieldatlax.com

(動画はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ