ラスベガスに待望の「スピード・ベガス」のサーキットがオープン!

更新日: 2016年04月27日

情報提供:ラスベガス観光局

画像・動画提供:ラスベガス観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ラスベガスに待望の「スピード・ベガス」のサーキットがオープン!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



SpeedVegas


ラスベガスの最新、かつ最もエキサイティングなアトラクション「スピード・ベガス」のサーキット場が、ついにオープンした。
この「スピード・ベガス」とは、4万平方メートルもの広さを持つ、新設のモータースポーツ複合施設のこと。総工費は約3,000万ドル。ここでポルシェやフェラーリ、ランボルギーニ、アウディー、コルベットといった、世界中で人気のスーパーカーや馬力のある車種など、お気に入りの車のドライブが体験できる。

オープニング当日は、スピード・ベガスの共同創設者で最高経営責任者のアロン・フェスラー氏が、詰めかけた多くのモーターファンひとりひとりに挨拶をし、来場を歓迎。オープニング・イベントは、世界有数のトリビュート・ショー「レジェンド・イン・コンサート」に登場するレディー・ガガのモノマネで有名なタレントによる国家斉唱で幕を開け、次いで施設上空をヘリコプターが飛行した。

サーキット上では、世界的なダンス集団ジャバウォッキーズの“オープニング”が行われ、その後のスピード・ベガスの共同創設者のアロン・フェスラー氏とトム・ミゾン氏が運転するスーパーカーで正式なオープンの瞬間を迎えた。
さらにランボルギーニやポルシェ、フェラーリ、アウディ、シェルビーなど、スピード・ベガスが所有するスーパーカーのコレクションの数々がサーキットを1周し、観客を魅了した。

フォーミュラワン(F1)にインスパイアされた1周2.4キロの本サーキットは、傾斜20度のバンクターン、18メートルの高低差、800メートルのストレートをはじめ、12ヶ所のターンなど、世界トップクラスのサーキットに匹敵するコースが設計されている。さらに今夏、約2千平方メートルの広さを持つ2階建てのウェルカムセンターや屋内外の観覧デッキ、カフェやイベントスペースも設置される予定となっている。

SpeedVegas

ウェブサイト

https://speedvegas.com

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ