ベラージオ・コンサバトリー&植物園、今年の春は「日本文化」で装い

更新日: 2016年04月01日

情報提供:ラスベガス観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ベラージオ・コンサバトリー&植物園、今年の春は「日本文化」で装い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



Bellagio Conservatory & Botanical Gardens - 2016 Japanese Spring Celebration
(配信元:Mitch Heider/YouTube)



咲き誇る桜の花と平穏な滝、そして伝統的な日本の建築が、5月14日までラスベガスにあるベラージオ・コンサバトリー&植物園を彩る。

「日本」をテーマにした、この春の展示。イーストガーデンでは、金の砂と桜の木に囲まれた伝統的な茶屋が、訪問者を出迎えてくれる。中央にある長さ約4メートルもの茶屋は、日本の伝統的な「茶の湯」の文化を表現したもの。千を数える折り鶴で満たされた「千羽鶴の巣」が、目と心を楽しませてくれる。また、繊細でカラフルな鶴は、「平和」や「健康」、そして「長寿」を象徴。頭上には、桜と鶴が手作業で描かれた14の色鮮やかなパラソルが目につく。

一方、ウエストガーデンでは、2本の竹でできた蹲(つくばい)から約5メートル下の75匹の鯉が泳ぐ池へと注ぎ、手作りの鳥が上から吊るされた鳥小屋や手すりに止まっている。庭園の両側に置かれた鳥小屋では、生きたカナリアの姿も見られる。そして、ノースガーデンでは高さ5メートルもある人工桜が見られ、その近くにはバラの生花で作られた2メートの亀が飾られている。日暮れになると行灯の光が、周囲を優しく包み込む。

さらにサウスガーデンでは、桜の中にも行灯が吊るされており、その下に京都の金閣寺をイメージした建物が佇んでいる。その向こうには2600本のカーネーションと、ダチョウの羽で作られた大きな鶴が飾られている。
ベラージオ・コンサバトリー&植物園は毎日24時間、無料で一般公開されている。

JAPANESE SPRING CELEBRATION!
The Conservatory & Botanical Gardens, Bellagio Las Vegas

会期

2016年5月14日まで

場所

ベラージオ・コンサバトリー&植物園

入場料

無料

ウェブサイト

https://www.bellagio.com

(動画はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ