NYCレストランウィーク、2017年夏は7月24日にスタート

更新日: 2017年07月11日

情報提供:ニューヨーク市観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NYCレストランウィーク、2017年夏は7月24日にスタート
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ニューヨーク市観光局は、2017年も同市の魅力あふれる食を手頃な価格で満喫できる恒例のフードキャンペーン「NYC レストランウィーク」を実施する。

この夏で25周年を迎える本キャンペーンでは、ニューヨーク市内にある5つの行政区(ブロンクス、マンハッタン、スタテン島、ブルックリン、クイーンズ)の参加レストランにおいて、均一価格で食事が楽しめる。2017年は33の店舗が初参加。キャンペーンの対象となるレストランの数は390におよぶ。


NYC Restaurant Week 2017

画像提供:ニューヨーク市観光



これらの対象レストランでは、スターター、メインとデザートの「プリフィクス・コース」を、ランチは29米ドル(約3,000円/税サ別)で、ディナーでは42米ドル(約4,400円/税サ別)と、通常よりも格段にお得な料金で提供する。
参加レストランの情報、エリアやメニュー検索、予約方法などについては、以下の特設キャンペーンサイトを参照。


2017年の初参加レストラン33軒


ベンジャミン・ステーキハウス・プライム(Benjamin Steakhouse Prime)、 ボブズ・ステーキ&チョップハウス(Bob’s Steak & Chop House)、ブシュリ(Boucherie)、バタール(Barard)、カット・バイ・ウルフギャング・パック(Cut by Wolfgang Puck)、ファーマー&ザフィッシュ(Farmer & The Fish)、フィースト(Feast)、フィフティ・レストラン(Fifty Restaurant)、フリンダース・レーン(Flinders Lane)、ファウラー&ウェールズ(Fowler & Wells)、フレッズ・アット・バーニーズ・ニューヨーク・ダウンタウン(Freds at Barneys New York – Downtown)、ザ・ジン・パーラー(The Gin Parlour)、ハル・ヘルズ・キッチン(Haru Hell’s Kitchen)、ジャムズ(Jams)、ロレンツォズ・レストラン(Lorenzo’s Restaurant)、バー&キャバレー(Bar & Cabaret)、ルプロ(Lupulo)、ミート・ザ・ミート(Meet the Meat)、ミッション・チャイニーズ・フード(Mission Chinese Food)、ノブ・ダウンタウン・バー/ラウンジ(Nobu Downtown Bar/Lounge)、ウーシア(Ousia)、パーム・トライベッカ(Palm Tribeca)、フィリップ(Philippe)、ポルセナ(Porsena)、ラフェール(Rafele)、ザ・リボン(The Ribbon)、ロティサリー・ジョルジェット(Rotisserie Georgette)、ルージュ・トマテ・チェルシー(Rouge Tomate Chelsea)、サルヴェーション・バーガー(Salvation Burger)、ソサイティ・カフェ(Society Café)、サウス・フィン・グリル(South Fin Grill)、ザ・タック・ルーム(The Tuck Room)、アンタイトル(Untitled)、ウォルス(Wallse)

NYC Restaurant Week©

開催期間

2017年7月24日~8月18日

開催地

ニューヨーク市

ウェブサイト

http://www.nycgo.com/restaurant-week

関連記事

新着記事


このページの先頭へ