キャセイパシフィック航空 「ベッツィービール」の提供路線を拡大

更新日: 2017年05月04日

情報提供:キャセイパシフィック航空

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャセイパシフィック航空 「ベッツィービール」の提供路線を拡大
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


キャセイパシフィック航空はこの程、香港ビール社と共同開発した高度35,000フィートの上空でも美味しく味わえるクラフトビール「ベッツィービール」のプロモーション対象路線を拡大。香港とヨーロッパ、カナダ、米国、日本、ニュージーランド、テルアビブを結ぶ各路線でも、期間限定で順次提供される。


CX_Betsy_02

画像提供:キャセイパシフィック航空



キャセイパシフィックの初号機として、1940~1950年代に活躍したダグラスDC-3型機の愛称「ベッツィー」にちなんで名付けられた「ベッツィービール」。そのユニークな味わいを引き立てるのは、原材料に加えられているリュウガン。この果実のフレーバーが、まろやかさと口当たりの良さを加えている。また、醸造工程で加えられる香港の新界産のハチミツが、快いフローラルノートを醸し出す一方、英国の伝統的なクラフトエールの原料であるホップ「ファグル」が、心地よいたくましさと厚みのある味わいを与えている。

その「ベッツィービール」は、2017年3月から香港と英国(ロンドン・ヒースロー、ロンドン・ガトウィック、マンチェスター)を結ぶ各路線で、4月からはオーストラリア路線で提供を開始。導入後に乗客からの高い評価を受け、5~6月には香港発着のヨーロッパ路線の全便(英国路線を除く)、7~8月はカナダおよび米国路線、9~10月は日本路線、そして11~12月はニュージーランド路線とテルアビブ路線のファーストクラスとビジネスクラスでも提供される運びとなった。


CX_Betsy_01

画像提供:キャセイパシフィック航空



さらにカオルーン・タップルーム、ジャーン・メン・クラフト・ブリュワリー、ザ・グローブ、コエド・タップルーム、コーナーストップ・バー&カフェなど、香港の指定レストラン、バーでも提供(但し、在庫がなくなり次第終了)。また、デリ・ディライトでのオンライン販売も行われている(配送対象は香港のみ)。

なお、キャセイパシフィック航空では、同社のウェブサイトを通じた航空券の予約・購入特典として、5月15日から6月30日まで香港国際空港内のピザ・エキスプレスで、限定メニューの中から前菜もしくはピザを注文すると「ベッツィービール」を1本無料でサービス。但し、利用条件適用のため、注文時にオンライン予約時の確認メールの提示が必要となる。

Betsy Beer

ウェブサイト

http://cathaypacific.com/betsybeer

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ