キャセイ、イベリア航空とコードシェアで欧州線の利便性をアップ

更新日: 2017年05月25日

情報提供:キャセイパシフィック航空

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャセイ、イベリア航空とコードシェアで欧州線の利便性をアップ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


スペインとポルトガルへの旅行客に、より多くのフライトの選択肢を提供


キャセイパシフィック航空(CX)はこの程、ワンワールド・アライアンスの加盟航空会社であるイベリア航空(IB)とコードシェアに関する新たな提携を発表した。これにより、イベリア半島およびバレアレス諸島方面への乗り継ぎの利便性がアップし、同エリアへの渡航者により多くのフライト選択肢が提供されることとなる。


CX

(C) キャセイパシフィック航空



今回のこの2社のコードシェアにより、イベリア航空が運航するマドリードとスペイン5都市(アリカンテ、バルセロナ、ビルバオ、パルマ、バレンシア)を結ぶ路線における一部の便と、ポルトガルの首都リスボンとマドリードを結ぶイベリア航空の定期便には、キャセイパシフィックの「CX」のコードが付与される。

キャセイパシフィック航空は現在、香港/マドリード線を週4便、ボーイング777-300ER型機で運航しているが、7月からはエアバスA350-900型機による香港/バルセロナ線の季節運航を開始する。どちらにも日本/香港線とスムーズに接続するスケジュールが組まれている。また、マドリードからイベリア航空とのコードシェア便を利用するキャセイパシフィックの乗客は、チェックイン時の受託手荷物を最終目的地まで預けることができるとともに、アジア・マイルの積算が可能となる。

今回コードシェア便での運航が決定したスペインの上記5都市とリスボン行きの日本発着の航空券は、近日キャセイパシフィックのウェブサイト、および全国の主要旅行会社とカスタマーセールスセンター(Tel:0120-46-3838)での販売開始が予定されている。

Cathay Pacific

ウェブサイト

http://www.cathaypacific.co.jp

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ