ルフトハンザ、エアバス A350-900型機 を羽田/ミュンヘン線に導入

更新日: 2017年11月08日

情報提供:ルフトハンザ ドイツ航空

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ルフトハンザ、エアバス A350-900型機 を羽田/ミュンヘン線に導入
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ルフトハンザ ドイツ航空(以下、ルフトハンザ)は、2017年12月1日(日本発12月2日)より羽田とミュンヘンを結ぶ直行便に、世界最新の長距離路線用機材「エアバス A350-900 型機」を導入し、毎日運航する。革新的な新機材である同型機は、効率性と旅行快適性の面でベンチマークを引き上げ、乗客に対するルフトハンザのコミットメントをさらに向上させる。

ルフトハンザの A350-900 型機は、世界で最も先進的かつ環境に配慮した長距離路線用機材。同等機と比べ、燃料消費量と二酸化炭素排出量はそれぞれ25%削減され、騒音フットプリントも最大50%低減する。


A350-900

画像提供:ルフトハンザ ドイツ航空



同機材は、ルフトハンザ内で最高の機内プロダクトを提供。よりワイドなキャビン、エコノミークラスの新座席、大きくなった窓や大型TVスクリーン、革新的なムード照明、カスタマイズ可能なプレイリストなどにより、全ての旅行クラスで最高レベルの快適性を保証している。

なお、同機材のビジネスクラスは48席。プレミアムエコノミークラスは21席で、エコノミークラスは224席の計293席で構成されている。

Lufthansa

ウェブサイト

http://www.lufthansa.com

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ