キャセイ、香港とニュージーランドを結ぶ路線を拡充

更新日: 2017年03月13日

情報提供:キャセイパシフィック航空

画像・動画提供:キャセイパシフィック航空

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キャセイ、香港とニュージーランドを結ぶ路線を拡充
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


キャセイパシフィック航空はこの程、香港/クライストチャーチ線の季節運航を2017年12月に開始すると発表した。クライストチャーチは、現在キャセイパシフィックが就航しているオークランドに加わるニュージーランドへの新たな就航都市で、香港とクライストチャーチを結ぶノンストップ便が運航されるのは初めてとなる。


CX-NZ


香港/クライストチャーチ線は、香港を水、金、日曜日に出発する週3便で運航。本路線には、キャセイパシフィックの最新鋭機であるエアバスA350型機が投入され、日本/香港線とのスムーズな乗り継ぎを提供する。

1983年以来、キャセイパシフィックはニュージーランドへの運航を続けており、今回のクライストチャーチへの就航はキャセイパシフィックのニュージーランド市場への強い取り組みの姿勢を表すものであるとともに、カンタベリーやニュージーランドの南島への渡航者増の後押しする。

キャセイパシフィックが新たに開設する香港/クライストチャーチ線(当局認可申請中)の運航期間は、2017年12月1日から2018年2月28日まで。キャセイパシフィックとニュージーランド航空は、香港とニュージーランドを結ぶ戦略的アライアンスパートナーシップを2022年までの5年間にわたって延長することで合意しており、上記期間中はキャセイパシフィックの毎日2便の香港/オークランド線に加え、戦略的パートナーであるニュージーランド航空の毎日1便の香港/オークランド線も運航が予定されている。

季節運航で新たに開設するキャセイパシフィックの日本発クライストチャーチ行きの航空券は、キャセイパシフィックのウェブサイトと全国の主要旅行会社およびカスタマーセールスセンター(0120-46-3838)にて販売されている。

なお、キャセイパシフィックは近年、香港を拠点とした長距離路線の拡大を図っており、2016年のマドリード、ロンドン・ガトウィックに就航。さらに2017年3月には週4便のテルアビブ線、7月には同じく週4便のバルセロナ線の開設を予定している。


香港/クライストチャーチ線の運航スケジュール(すべて現地時刻)


便名

出発地

到着地

出発時刻/到着時刻

運航日

CX123

香港

クライストチャーチ

20:45/12:55 (+1)
14:50/07:00 (+1)

水・日曜
金曜

CX126

クライストチャーチ

香港

14:25/20:55
08:30/15:00

月・木曜
土曜


  • 運航期間:2017年12月1日から2018年2月28日まで
  • 便名、運航スケジュールは予告なく変更となる場合があり

Cathay Pacific

ウェブサイト

http://www.cathaypacific.co.jp

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ