ビクトリア・ベイ(香港)を一変させた「1000万個のシャボン玉」

2017年08月30日 掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ビクトリア・ベイ(香港)を一変させた「1000万個のシャボン玉」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


香港最大かつ最も多様性のあるショッピングモール「ハーバーシティ」が今夏、日本の現代美術作家である大巻伸嗣(おおまき・しんじ)氏を招き、パブリックアート・プロジェクト「Bubble Up」を展開。「無数のシャボン玉」を使った、同氏による香港初の個展となった。

展覧空間を非日常的な世界に変え、観るものの感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品や芸術作品を提示する大巻氏は、過去に委託事業で国際的なファッション・ブランド「ルイ・ヴィトン」と「エルメス」らに招待された。


harbour-city

最新のユニークな体験を楽しむ香港市民や観光局(画像提供:Harbour City)



大巻氏は今回、ハーバーシティのオーシャンターミナル・フォーコートで20回のパフォーマンス・ショーを上演するため、日本からバブルマシンとシャボン玉を香港に輸送。フォーコートの中央に高さ3メートル、6層のピラミッドを設置し、ショー毎に1000万個のシャボン玉を作った。

この真新しいユニークなパフォーマンス・ショーは、ハーバーシティのオーシャンターミナル・フォーコートで上演。無料で一般公開され、ビクトリア・ハーバーを背景に多くの香港市民や観光客らが楽しんだ。

海港城/Harbour City

ウェブサイト

http://www.harbourcity.com.hk

情報提供:Harbour City


(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ