ウズベキスタン政府、日本国籍保有者の査証を緩和

更新日: 2018年02月13日

情報提供:在日ウズべキスタン大使館

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウズベキスタン政府、日本国籍保有者の査証を緩和
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


サマルカンドやブハラなどの世界遺産を有するウズベキスタンは、かつてシルクロードの交易で栄えた国。人口は、中央アジア5ヶ国で最大となるおよそ3200万人。日本からも年間9500人(2017年調べ)の観光客が訪れている。


Hast-Iman

(c) Tourism.uz



そのウズベキスタン共和国が2018年2月3日、入国査証に関するシャフカト・ミルジヨエフ大統領令を発令。2018年2月10日より日本を含む7ヶ国(日本、韓国、イスラエル、インドネシア、マレーシア、シンガポール、トルコ)のパスポート保有者が同国を観光を目的に入国する際、入国した日から30日間までの滞在に限って査証が免除されることとなった。
本件についての問い合わせは、在日ウズべキスタン大使館まで。

駐日ウズベキスタン共和国大使館

ウェブサイト

http://www.uzf.or.jp/tour/index.htm

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ