エンデバーがLAにやってくる

更新日: 2012年10月02日

情報提供:ロサンゼルス観光局

画像・動画(C) California Science Center

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - エンデバーがLAにやってくる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



10月30日、あのスペース・シャトル「エンデバー」が、カリフォルニア・サイエンス・センターにやってくる。
これまでロサンゼルスや南カリフォルニアというと「車」が有名だったが、ロサンゼルス郊外のパサデナには米国の宇宙開発に大きく貢献しているジェット推進研究所(2時間の無料見学ツアーを催行)もあり、それと組み合わせればロサンゼルスで宇宙探査の歴史から未来についてまで宇宙飛行についても楽しむことができるようになる。

キッズスペース・チルドレン・ミュージアムでは、1歳から10歳までの子供向けに20以上の体験型の展示が行われており、館内のギャヴィン・フィジックス・フォレストでは実際にミニ・ボトルでロケットを作って、ロケットがどのように宇宙飛行するか、またボールのはずみを使った展示では重力加速度について学ぶことができる。また、4年間の歳月と9,300万ドルを投じて2007年にリニューアルされたグリフィス天文台では、9000ポンド(約4,000kg)のツァイス天体望遠鏡から、ロサンゼルスの美しい夜空に光る600個もの星を観ることができる。

Samuel Oschin Space Shuttle Endeavour Display Pavilion

公開日

2012年10月30日

場所

カリフォルニア・サイエンス・センター

ウェブサイト

http://www.californiasciencecenter.org

関連記事

新着記事


このページの先頭へ