ロサンゼルス国際空港が自動入国審査端末を導入

更新日: 2014年10月03日

情報提供:ロサンゼルス国際空港

画像・動画Photo courtesy of Prayitno, Flickr

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ロサンゼルス国際空港が自動入国審査端末を導入
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



LAX Tom Bradley International Airport

Arrivals at Tom Bradley International Terminal




ロサンゼルス国際空港のトム・ブラッドレー国際線ターミナルに、40台の自動入国審査端末(Automated Passport Control) が新たに設置された。これにより海外から同ターミナルに到着した旅行者の入国審査がスピードアップする。海外から到着した米国人およびカナダ人、ならびに米国税関・国境取締局(CBP)の電子渡航認証システム(ESTA)プログラムに申請済みの38ヶ国、ビザ免除国からの渡航者がこの新端末を利用でき、日本人もその対象となっている。

家族グループを含む海外旅行者は、APC端末を利用して税関申告書と入国カードを電子的に提出することによりCBP係官による審査時間を短縮。APC端末では、日本語を含む13ヶ国語の言語を選択でき、旅行者は説明ガイドに従ってパスポートの読み取り、端末を使った写真撮影、質問項目への回答、指紋採取(外国人旅客者)の手続きを行う。その後、情報が採取された確認のレシートを受け取った後、CBP係官のもとに進んで入国手続きが完了する。手続きの所要時間は1人あたり約90秒、3人家族なら約4分が目安となっている。

Los Angeles International Airport

ウェブサイト

http://www.lawa.org/lax

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ