ザ・ブロードモアのウィルダネス・エクスペリエンス

更新日: 2017年11月30日

情報提供:コロラド州政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ザ・ブロードモアのウィルダネス・エクスペリエンス
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


■ ハイエンドホテルの環境でコロラドの大自然を体験

米・コロラド州第2の都市コロラドスプリングスにある「ザ・ブロードモア」は、1918年に創業された高級リゾート。フォーブス誌による5ッ星とAAAの5ダイヤモンドによる格付けで同国で最も長く獲得している。

そんなザ・ブロードモアのユニークな大自然体験型の宿泊施設ウィルダネス・エクスペリエンス (Wilderness Experiences) は、「ザ・ランチ・アット・エメラルドバレー」「クラウド・キャンプ」「フライフィッシング・キャンプ」 の3つで構成されており、各施設でザ・ブロードモアならではの品格あるホスピタリティと洗練された食事、そして大自然でのアドベンチャーが満喫できる。

ザ・ランチ・アット・エメラルドバレー


The Broadmoor_Emerald MainLodgeLake

湖畔に佇むザ・ランチ・アット・エメラルドバレーのメインロッジ © The Broadmoor


ザ・ランチ・アット・エメラルドバレー(The Ranch at Emerald Valley) は、パイク国有林内の湖畔に佇む大自然の雰囲気あふれる施設。ロッキーマウンテンの風合にザ・ブロードモアのエレガントさを融合させたワイルドかつ上品なメインロッジと13のキャビンが、ゲストを出迎えてくれる。乗馬、ガイド付きハイキング、フライフィッシング、マウンテンバイク、カヤック、キャンプファイヤーなど、様々なアクティビティが楽しめる。

クラウド・キャンプ


クラウド・キャンプ(Cloud Camp)は、ザ・ブロードモアのメイン敷地から約900メートル上の標高およそ2,700メートルに位置し、360度の大パノラマが望める。メインロッジは、手作業で切り出された梁や地元産の岩を積み重ねた暖炉が設らわれ、山小屋の雰囲気も満点だ。
客室はメインロッジ内にある6つの部屋か、11のキャビン、またはユニークなファイヤータワー(火の見やぐら)スイートから選べる。また、興味に応じてハイキングやバードウォッチング、ヨガ、ジオキャッシングなども楽しめる。


The Broadmoor_CCBack

コロラドスプリングスの街を一望するクラウド・キャンプ © The Broadmoor



ザ・ランチ・アット・エメラルドバレーとクラウド・キャンプへのチェックインは、ザ・ブロードモアのメイン敷地で行い、シャトルで各施設へと移動する。所要時間はおよそ30分。クラウド・キャンプへはシャトルの他に、ラバに乗って、または3時間程のハイキングをしながら向かうオプションも用意されている。滞在中もシャトルを利用し、ザ・ブロードモアの世界的に有名なゴルフ場や5ッ星スパ、ブティックなどにも簡単にアクセス可能となっている。

フライフィッシング・キャンプ


一方、フライフィッシング・キャンプ(Fly Fishing Camp)は、ザ・ブロードモアのメイン敷地から西へ約75分のテリオール川沿いにある。周辺はコロラド屈指のフライフィッシングのスポットで、ここでは8キロ以上にわたるプライベートエリアでのフライフィッシングが堪能できる。

釣れるのは野生のブラウントラウトやカワマス。フライフィッシング以外にも、乗馬やハイキング、野生動物との遭遇のチャンスもある。フライフィッシング・キャンプはメインロッジと、かつての鉱夫が寝泊まりした小屋をブロードモアスタイルに改装した、趣きある7棟のキャビンで構成されている。


The Broadmoor_BWE_FishingCamp_FlyFishing_3

一般の人は入れない流域で、フライフィッシング・キャンプならではの釣り体験 © The Broadmoor



次回の春╱夏シーズンは、2018年4月27日にオープン。ウィルダネス・エクスペリエンスの3施設全てにおいて、プライベートな滞在が満喫できるので、グループや各種イベントでの滞在にもお勧めだ。詳細は、以下の公式サイトを参照。

The Broadmoor

ウェブサイト

https://www.broadmoor.com/the-wilderness-experiences

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ