ハワイ州、新型コロナ対策で日本向け事前検査プログラムを導入

2020年10月29日 掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ハワイ州、新型コロナ対策で日本向け事前検査プログラムを導入
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



この事前検査システムの導入により、日本を出発する72時間以内に契約した日本国内の指定医療機関で新型コロナウイルス感染症の検査を受けた渡航者は、ハワイ入国時にハワイ州が指定する陰性証明書を提示すると、ハワイ到着後に義務付けられている14日間の自己隔離が免除される。


2010 hawaii covid19



ハワイ州では、2020年10月15日よりすでに米国内向けの事前検査プログラムを開始しており、米国外でこの事前検査プログラムの対象となるのは日本が初めてとなる。この事前検査プログラムは、ハワイ州が渡航者および州民の安全と健康を守るために2020年9月1日から義務づけた事前オンライン登録プログラム「セーフ・トラベルズ・ハワイ・プログラム」の一環として導入されたもので、すべての渡航者が安心してハワイに滞在できることを目的としている。

指定医療機関名とハワイ州指定の陰性証明書サンプルは、ハワイ州観光局公式ポータルサイト「allhawaii」内にある、以下の「ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト」で公開されており、ハワイ州が契約した指定医療機関は同ページに随時アップデートされる。なお、ハワイ州が契約を締結した日本国内21ヶ所の指定医療機関はこちらを参照。

ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト

ウェブサイト

https://www.allhawaii.jp/covid19/prepare/documents

情報提供:ハワイ州観光局


関連記事

新着記事


このページの先頭へ