ニューヨークの春を満喫!心躍る春のアクティビティが始動

更新日: 2017年03月31日

情報提供:ニューヨーク市観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニューヨークの春を満喫!心躍る春のアクティビティが始動
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



ニューヨークにも春到来!ニューヨーク市観光局がおすすめする、心躍る春のアクティビティ4選をご紹介しよう。

開園150周年を迎える「プロスペクト・パーク」


5つの行政地区のひとつ、ブルックリン地区にある「プロスペクト・パーク」は今年、開園から150周年を迎える。585エーカー(2.3平方キロメートル)の面積を誇るこの公園は、ニューヨークを象徴するセントラル・パークをデザインしたチームが造園した。

隣接するブルックリン植物園では、2017年4月1日から桜の開花を祝う「Hanami」がスタートし、またブルックリン博物館ではアメリカを代表する女性画家、ジョージア・オキーフの展覧会「リビング・モダン」が、2017年7月23日まで行われる。


GovernorsIsland_KateGlicksberg

ガバナーズ・アイランドから眺めたマンハッタンの街並み
© NYC & Company/Kate Glicksberg



春風を感じながらウォーキングを楽しむ


マンハッタンに架かる橋では、春風を全身に受けながらウォーキングが楽しめる。ロウアーマンハッタンの南と北の先端をつなぐ「ブルックリン・ブリッジ」は、130年の歴史を持つポップカルチャーのシンボルで、橋の上からはマンハッタン、ブルックリン、自由の女神が一望できる。

一方、マンハッタンのワシントン地区とブロンクスのハイ・ブリッジ地区を結ぶ「ハイ・ブリッジ」は、ニューヨーク市最古の直立式の橋。線路だった高架が公園に生まれ変わった「ハイライン」は、絶好の撮影スポットとなっている。

NY市民の憩いの場「ガバナーズ・アイランド」が今年もオープン!


ロウアーマンハッタンからフェリーで約7分の「ガバナーズ・アイランド」は、好評を受け2017年は例年より1ヶ月早い5月1日にオープンする。
ここは、ニューヨーク市民の憩いの場にもなっている場所で、「ザ・ヒルズ」と名付けられた丘からはニューヨーク・ハーバーや高層ビル群、自由の女神が見渡せる。

メジャーリーグのシーズン開幕


市民はもとより、観光客にも大人気の野球のシーズンもいよいよ開幕。ニューヨークを本拠地とするふたつのメジャーリーグ球団「ニューヨーク・ヤンキース」と「ニューヨーク・メッツ」は2017年4月から、マイナーリーグの「ブルックリン・サイクロンズ」や「スタテン・アイランド・ヤンキース」のゲームは6月に始動する。

NYC & Company

ウェブサイト

http://www.nycandcompany.org

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ