NYの新たなシティ・フェリー、2017年5月1日よりサービス開始

更新日: 2017年04月20日

情報提供:ニューヨーク市観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NYの新たなシティ・フェリー、2017年5月1日よりサービス開始
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ニューヨーク市内の5つの行政区(マンハッタン、ブロンクス、クイーンズ、ブルックリン、スタテン島)を水路で結ぶ「ニューヨークシティ・フェリー」(運航:ホーンブロワー社)が、2017年5月1日から新たなフェリーサービスを提供する。


ニューヨークシティ・フェリー

画像提供:ニューヨーク市観光局



同社が運航する全6ルートのうち、このほど新設されたのは「ロックアウェイ(Rockaway)」ルートと既存の「イーストリバー(East River)」ルートで、予定より1ヶ月前倒しした5月1日から運航を開始する。

本サービスには、Wi-Fiを完備した20隻の新たなフェリー(定員:150名)が投入された他、22ヶ所のターミナルも新設され、ニューヨーク市内全域へのアクセスがより快適になる。年間の利用者数は460万人ほどが見込まれている。

なお、残りのルートも順次運航予定で、ルートマップは以下のウェブサイトにて確認できる。
  • サウスブルックリン(South Brooklyn)ルート/2017年6月1日運航開始(予定)
  • アストリア(Astoria)ルート/2017年8月(予定)
  • ロウアーイーストサイド(Lower East Side)ルート/2018年(予定)
  • サウンドビュー(Sound View)ルート/2018年(予定)
  上記の他、コニーアイランドとスタテン島からのルートも拡張予定

運航ルート

    「ロックアウェイ」ルート

    ブルックリン・アーミーターミナル(Brooklyn Army Terminal)とウォールストリート(Wall Street)

    「サウスブルックリン」ルート

    ベイブリッジ(Bay Bridge)、ブルックリン・アーミーターミナル(Brooklyn Army Terminal)、レッドフック(Red Hook)、ブルックリン・ブリッジ・パーク(BrooklynBridge Park)、ピア 1(Pier1)、ピア 6(Pier6)、ウオールストリート(Wall Street)とオプショナルでガバナーズ島(Governors Island)

    「アストリア」ルート

    アストリア(Astoria)、ルーズベルト島(Roosevelt Island)、ロングアイランドシティ(Long Island City)、イースト 34th ストリート(East 34th Street)、ウォールストリート(Wall Street)

所要時間

  • ロックアウェイ(Rockaway) ➣ ウォールストリート(Wall Street)/約1時間
  • アストリア(Astoria)➣ ースト 34th ストリート(East 34th Street)/約22分
  • アストリア(Astoria)➣ ウォールストリート(Wall Street)/約38分
  • サウンドビュー(Sound View)➣ ウォールストリート(Wall Street)/約43分
  • ベイブリッジ(Bay Bridge)➣ ウォールストリート(Wall Street)/約48分

NY City Ferry

運賃

〔片道〕 US$ 2.75 (他ルートへの乗り換えを含む)

ルートマップ

http://www.ferry.nyc

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ