ニューカレドニア、ラグーン世界遺産登録10周年でキャンペーンを実施

更新日: 2018年01月30日

情報提供:ニューカレドニア観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニューカレドニア、ラグーン世界遺産登録10周年でキャンペーンを実施
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ニューカレドニアの世界遺産である「ラグーン」が、2018年に登録から10周年を迎える。これを受けニューカレドニア観光局は、その魅力を思う存分楽しめるためのキャンペーン「なっ得バカンス」の実施を発表した。


NewCaledonia_Campaign2018_2

世界遺産の登録から10周年を迎えるニューカレドニアのラグーン
画像提供:ニューカレドニア観光局



本キャンペーンの対象となるのは、2018年4月1日から7月12日までに日本を出発するパッケージツアー。キャンペーン参加旅行会社のツアー限定で、オプショナルツアーに使える5,000CFP割引クーポン(約5,500円相当/2018年1月時点)や、2018年限定のスタンプラリー・ブックが特典として付いてくる。

この10周年を記念したスタンプラリー・ブックには、ニューカレドニアについての情報が満載。また、現地に設置されたスタンプを5種類集れば、ニューカレドニアの特産品が当たるプレゼントへも応募できる。


NewCaledonia_Campaign_Logo

画像提供:ニューカレドニア観光局



ビーチリゾートとして人気のニューカレドニアでは、シュノーケリングやダイビングをはじめ、ジェットスキーやスタンド・アップ・パドル(SUP)などの多彩なマリンアクティビティが盛りだくさん。また、そうしたマリンアクティビティに馴染みのない人でも、海に入らずに海中が眺められるグラスボトムボートでウミガメなどとの遭遇も楽しめる。

また、3200種にもおよぶ固有植物や、ニューカレドニアの国鳥でもある飛べない鳥「カグー」との出会いも、ニューカレドニアならではの体験と言えるだろう。

そんなカグーとの遭遇率が95%以上という「リビエール・ブルー州立公園」や、太古の森が今に残る「巨大シダの森公園」への日帰りツアーで、心身ともに癒されてみるのもおすすめ。特に「巨大シダの森公園」へのオプショナルツアーは、世界自然遺産の登録10周年を記念して造成されたツアーとなっていて、本キャンペーンの期間限定催行となっている。


NewCaledonia_Campaign2018_1

画像提供:ニューカレドニア観光局



さらに「南太平洋のコートダジュール」と謳われる首都のヌメアは、南太平洋最大の街。美しい街並みはもちろん、本場フランス仕込みの絶品グルメ、ゆったりとした時間の流れや優しい笑顔に溢れた地元の人たちとのふれ合いも、ニューカレドニアの旅の醍醐味と言える。

キャンペーン詳細


「なっ得バカンス」の対象パッケージツアー を購入すると、もれなく
  • オプショナルツアーで利用できる5,000CFP(約5,500円 相当)の割引クーポン
  • ラグーン世界自然遺産登録10周年を記念した「スタンプラリー・ブック」
をプレゼント。割引クーポン&スタンプラリー・ブックは、申込者1名につき1冊を進呈(但し、乳幼児を除く)される。

また、スタンプラリー抽選プレゼントについて、絵柄の異なるスタンプを5つ以上を集めた人の中から、抽選で100名にニューカレドニアの特産品セットがプレゼントされる。応募などの詳細は、特設ページにて確認できる。 なお、キャンペーンの内容は、予告なく変更される場合がある。

応募締切

2019年1月31日(木)

ウェブサイト

https://www.newcaledonia.travel/ja/nattoku

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ