春水堂から台湾のローカルヌードル2種が新登場!

更新日: 2017年09月07日

情報提供:株式会社オアシスティーラウンジ

画像・動画提供:株式会社オアシスティーラウンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 春水堂から台湾のローカルヌードル2種が新登場!
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


タピオカミルクティー発祥の店として人気を博し、台湾全土で48店舗を展開する台湾カフェ「春水堂」。現在、日本でも株式会社オアシスティーラウンジが関東・関西・福岡に11店舗を運営しているが、その「春水堂」に9月11日、豆乳を黒酢で固めた伝統的なスープの「豆漿(トウジャン)鶏湯麺」と、人気の牛肉麺にたっぷりの辛味スパイスを加えた「麻辣牛肉麺」の2種類が新登場!ルミネエスト新宿店を除く全店舗で味わえます。


taiwan noodle

春水堂から新発売される台湾ヌードル2種



台湾朝ごはんの定番「豆漿(トウジャン)」


台湾ライフに欠かせないのが、朝早くから営業している「豆漿店」というお店。その豆漿店で提供している豆乳料理は、台湾の人々にとって定番の朝食メニューで、中でも豆漿(dòujiāng)と呼ばれるスープがポピュラーです。

これは、温かい豆乳に干しエビやネギなどの中華薬味を加えた料理で、そこに黒酢をかけると豆乳が固まり、プルプルしたおぼろ豆腐のようになります。塩気があるので、鹹豆漿(Xián dòujiāng)とも呼ばれるヘルシーさで大人気のローカルフードです。

春水堂オリジナルの台湾ヌードル2種


doujiang

豆漿鶏湯麺

今回新発売されるのは、春水堂でも女性に大人気の「鶏湯麺(ジータンメン)」を豆漿スープで作った「豆漿鶏湯麺」。特製の胡麻だれを和えた蒸し鶏がスープにコクを加えた一品で、温かい豆乳とたっぷりの薬味を加え、黒酢の酸味と鶏の塩味でふるふるの豆乳ともちもち麺を絡めていただきます。

mala beef noodle

麻辣牛肉麺

そして、もう一つが台湾のソウルフード「麻辣牛肉麺」(写真右)。醤油ベースの澄んだ牛骨スープと柔らかく煮込んだほろほろの牛肉に、花椒、唐辛子などの5種類のオリジナルスパイスを加え、そこにラー油や糸唐辛子をトッピングしていただきます。辛味が後を引くスパイシーな台湾ヌードルで、少しずつ秋めいてきたこれからの季節にぴったりの一品です。

春水堂 豆漿鶏湯麺/麻辣牛肉麺

販売開始日

2017年9月11日(月)

販売店舗

全店舗(但し、ルミネエスト新宿店を除く)

価格(税抜)

[豆漿鶏湯麺]単品850円(ランチセット/ドリンク付:1,100円~)
[麻辣牛肉麺]単品950円(ランチセット/ドリンク付:1,200円~)

ウェブサイト

http://www.chunshuitang.jp

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ