ザルツブルク、観光バスの新予約システムの運用を開始

更新日: 2018年03月22日

情報提供:ザルツブルク市観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ザルツブルク、観光バスの新予約システムの運用を開始
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


2018年6月より、ザルツブルク市が新たな観光バスのオンライン予約システムへ移行。観光客のドロップオフ、ピックアップ時間は、ノンタールターミナルとパリス・ロドロン・シュトラッセターミナルの両ターミナルで予約する必要がある。


ミラベル宮殿

(c) Tourismus Salzburg



バスでザルツブルク市を訪れる観光客数の大幅な増加を受け、ザルツブルク市観光局は2018年4月より観光バスのオンライン予約システムを導入し、6月1日までに完全移行。これによりバスターミナルでの待ち時間やドロップオフ、ピックアップがスムーズに行えるようになる。

ノンタールターミナルへのアクセスは2018年5月まで無料。パリス・ロドロン・シュトラッセターミナルは、改装のため6月まで閉鎖される。


オンライン予約システム


コーチオペレーターは、初めてブッキングする前にシステムへの登録が要となる。予約にはウェブポータルを利用するが、その際は次の条件が適用される。
  • 空状況に応じて到着直前の予約が可能。
  • 乗客のドロップオフとピックアップの両方に20分のタイムスロットの予約が必要。
  • 1台の予約を行う際、複数の時間を予約可能、または同時に複数のバス(3台まで)の時間設定ができる。
  • ドロップオフとピックアップは同日に予約が必要(ただし、ピックアップが別の日程の場合は別途予約が必要)。
  • 空き状況に応じて、ドロップオフとピックアップを別のターミナルにすることができる。
  • 支払いはクレジットカードのみ受付け。
  • 予約が完了すると請求書やターミナルバウチャー、パーキングバウチャーがメール送信されてくる。

ターミナルとコーチ駐車場の手続き


現地スタッフが、ドロップオフとピックアップの前にバウチャーをスキャンして有効化する。ドライバーは、印刷版のバウチャーもしくはスマホによるデジタル版バウチャーの提示を求められる可能性がある。

交通渋滞や悪天候などで遅れて到着した場合は、駐車場に空きが出るまで待つことになる。駐車券を駐車場入口でスキャンし、諸々のデータが含まれる標準のチケットに交換する。これにより有効期限、複数回出入場などが許可される。

料金


料金は24ユーロで、ターミナルでのドロップ・オフとピックアップは当日限り有効。「バス・パークプラッツ・サウス(南)」と「バス・パークプラッツ・ノース(北)」の駐車場料金は、ザルツブルク観光(最高3日間)に含まれる。

キャンセル


無料キャンセルは到着の2週間前まで可能だが、カスタマーウェブポータルを使用して通知する必要がある。それ以降のキャンセルについては、全額支払うこととなる。カスタマーウェブポータル予約およびキャンセル以外に、カスタマーウェブポータルを利用して予約書類(バウチャーや請求書)を確認したり、ダウンロードができる。また、カスタマーウェブポータルにログインすると、連絡先などの詳細が管理できたりする。なお、この予約システムは2018年6月よ正式運用。URLは後日発表される。

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ