ウィーン楽友協会の新たな音楽祭

更新日: 2018年04月16日

情報提供:ウィーン市観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ウィーン楽友協会の新たな音楽祭
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ウィーン楽友協会で2018年度から新たな音楽祭がスタートする。期間中、世界トップレベルの12のオーケストラが最高級の指揮者やソリストとともに登場し、ドビュッシーやバーンスタイン、ベートーヴェンを中心に60のコンサートが催される。

プログラムにはマルタ・アルゲリッチやダニエル・バレンボイムをはじめ、マウリツィオ・ポリーニ、エレーヌ・グリモーといったピアニストらが名を連ね、バイオリニストのジュリアン・ラクリンや、エリーザベト・クルマン、ディアナ・ダムロー、イアン・ボストリッジ、ミヒャエル・シャーデなどの声楽家も出演する。

楽友協会を本拠地とするウィーン・フィルを指揮するのは、ズービン・メータやマリス・ヤンソンス、アンドリス・ネルソンス。フランツ・ウェルザー=メストが指揮するクリーヴランド管弦楽団は、プロメテウス・プロジェクトの一環としてベートーヴェンの全交響曲が演奏される。


musikverein_WienTourismus

ウィーン楽友協会
© WienTourismus/ Christian Stemper



今回は「レナード・バーンスタイン生誕100周年」の記念コンサートも開催され、ズービン・メータが指揮するウィーン・フィル、ヤニック・ネゼ・セガン率いるフィラデルフィア管弦楽団」、ウィーン交響楽団とコルネリウス・マイスターが演奏を行う。

かつて楽友協会の大ホールで自ら指揮したクロード・ドビュッシーの没後100周年を記念したプログラムも用意されている。ダニエル・バレンボイムは3つの記念コンサートで、シュターツカペレ・ベルリンを指揮する。

音楽祭にはベルリン・フィルも登場。サイモン・ラトルは、2002年の楽友協会におけるコンサートで、クラウディオ・アバドの後任としてバルリン・フィル常任指揮者となったが、今回の記念コンサートをもってベルリン・フィルの常任指揮者を退任する。

Musikverein Festival Wien

会期

2018年5月6日〜6月10日

会場

ウィーン楽友協会

ウェブサイト

http://www.musikverein.at/musikverein-festival-2018

関連記事

新着記事


このページの先頭へ