ゴッタルド鉄道、山岳ホテル連盟と合同セミナーを開催

更新日: 2017年07月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ゴッタルド鉄道、山岳ホテル連盟と合同セミナーを開催
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


スイス屈指の人気を誇る山岳リゾート、ツェルマット。そのツェルマットと標高3,089メートルのゴルナーグラート展望台を毎日結ぶゴルナーグラート登山鉄道と、サン・モリッツからツェルマットまでを結ぶ夢の氷河特急(グレッシャー・エクスプレス)を運行する「マッターホルン・ゴッタルド鉄道(Matterhorn Gotthard Bahn)」の関係者がスイスから来日し、同じく来日した「山岳ホテル連盟(Then Mountain Hotels)」の関係者との合同でセミナーを開催した。


Gottardo_01

左から日本窓口を担当する株式会社スペースタイムネット代表取締役の山下詠美子氏、今回来日したマッターホルン・ゴッタルド鉄道のシニア・エグゼクティブ・デレクターのマルコ・タケッラ氏と日本担当セールス部長のヘルムート・ビーナー氏、「山岳ホテル連盟」のファビアンヌ・クレメンツ氏とフェルナンド・クレメンツ氏



まず最初にプレゼンテーションを行ったのは、マッターホルン・ゴッタルド鉄道の日本担当セールス部長を務めるヘルムート・ビーナー氏。2017年からユーレイルパスやインターレイルパスが全区間適用範囲となった氷河特急の運行スケジュールが見直され、2018年から大幅に変更になることを発表。また、2018年の夏期運行期間は5月10日から10月14日までとなり、インフラ整備のため例年より2週間早く終了になる旨、集まった企画担当者に注意を促した。

ビーナー氏はさらに、氷河特急が2019年に導入を予定している「エクセレンスクラス」についても言及。エクセレンスクラスは、現在の1等車よりもさらにグレードアップした特別仕立てで、食事の内容はもちろん、ホテル間の荷物の運搬も含めた特別なサービスも検討されているという。こちらは企画段階であることから、詳細は決まり次第発表するとしている。

ちなみにエクセレンスクラスは片道20席の限定で、車両はナチュラルなアルパインスタイルの中に、シックな風合いが感じられるデザインになる予定だという。日本のクルーズトレイン「ななつ星」を意識してか、価格設定は少し高めとなる見通しだ。


Gottardo_04

2018年に新設される特別車両などを発表した
マッターホルン・ゴッタルド鉄道 日本担当セールス部長のヘルムート・ビーナー氏



最後にビーナー氏は、同社が運行する「ゴルナーグラート鉄道」と展望台の施設についてアップデート。2018年の夏に登場する「マッターホルン・フォトショップ」では、ハイパー・リアリティー・テクニックを駆使したマッターホルンとのポスティングが可能となる。

また、展望台のホテルに宿泊せずとも楽しめる満天の星空の下でのダイニング・パッケージや、かまくらの中でフォンデュが食べられるプロダクトなど、冬のゴルナーグラートならではの楽しみ方を提案した。なお、例年冬期にのみ運行されている「Peak2Peak」は2018年、7月と8月に限定して追加運行されるという。

Matterhorn Gotthard Bahn

ウェブサイト

http://www.mgbahn.ch



続いて行われた「山岳ホテル連盟」のプレセンテーションを担当したのが、連盟の代表であるフェルナンド・クレメンツ氏だ。
「山岳ホテル連盟」は、4000メートル級の峰々に囲まれたゴルナーグラート展望台にある人気の「3100 クルムホテル・ゴルナーグラート」が中心となり、2017年に発足した提携ホテルである。


Gottardo_03

加盟ホテルを紹介する「山岳ホテル連盟」のフェルナンド・クレメンツ氏



2017年7月現在、先述の「3100 クルムホテル・ゴルナーグラート」(1894年開業/全22室)を筆頭に、最も美しいポジションからマッターホルンが望める「リッフェルハウス1853」(1854年開業/全25室)、アルピニズムの黄金期を今に伝える「ホテル・ベルビュー・デザルプ」(1840年開業/全59室)、荒涼とした岩山に囲まれた湖畔のホテル「ヒストリック・アルパインホテル・グリムゼル・ホスピス」(1142年開業/全25室)、山頂にあるレトロモダンの山岳ホテル「ホテル・ピラトゥス・クルム」(1890年開業/全30室)、エンガディンの緩やかなな山並みを見渡す「ロマンティックホテル・ムオタス・ムライユ」(1905年/全16室)の6軒が加盟している。

これらのホテルは、すべて標高2,000メートル(一部3,000メートル超え)の高地にありながら1世紀以上の歴史を有し、さらに客室や設備、食事やサービスに至るまで、都市部の高級ホテルに何ら引けを取らないハイクオリティな宿泊施設。そこでの滞在そのものが、旅の大きな目的となる魅力的なホテル揃いである。

The Mountain Hotels

ウェブサイト

http://www.themountainhotels.com (準備中)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ