ブダペストのホテル 「ネムゼティ・ブダペスト」

更新日: 2016年03月29日

画像・動画当編集部 撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブダペストのホテル 「ネムゼティ・ブダペスト」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



ハンガリー国会議事堂

夜のハンガリー国会議事堂



ブリュッセルでの同時テロ事件を受け、色々と治安の面で心配されていらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますが、実は「ハンガリーの治安は良い」ということをご存じでしょうか? 

ハンガリー政府観光局の フェイスブックページ (2016年3月25日付)にも、「The Telegraph Travel」の テロ脅威度世界地図 では、ハンガリーのテロ脅威レベルは日本と同じで、テロの脅威が低いことを示す黄色で示されています。中欧全体がテロの脅威度が低いこともわかります。(出典:英国外務省)」とあります。

私もブダペスト滞在中、街中を深夜近くまで一人で歩きながら自身の目で確かめましたが、これと言った問題はまったく見られませんでした。もちろん、スリなどの被害に遭わないよう、最低限の注意は必要ですが、治安そのものはむしろ非常に良く、女性の一人歩きでも「怖い」と感じるのは、稀なことなのだそうです。

昨年秋、シリアなどからの難民が押し寄せブダペスト東駅を中心に混乱が見られましたが、現在は一部の地下鉄の構内(通路)に数名、暖を取って寝ているホームレスの姿がある程度。難民の姿はありません。加えて、街中にもゴミはほとんど落ちていませんし、公共施設や公衆のトイレなどもとても清潔です。


ネムゼティ・ブダペスト

ブラハ・ルイザ広場に面した4ッ星ホテル「ネムゼティ・ブダペスト」



さて、すっかり前振りが長くなりましたが、今回はブダペストで滞在した「ホテル・ネムゼティ・ブダペスト(Hotel Nemzeti Budapest)」をご紹介することにしましょう!

ホテル・ネムゼティ・ブダペストは、アコーホテルグループの「M ギャラリー」にコレクションされている4ッ星ホテル。ブダペスト東駅とドナウ川に架かるエルジェーベト橋(エリザベート橋)のほぼ中間、地下鉄2号線の駅がある「ブラハ・ルイザ広場」に面しています。


階段ホール

アールヌーボー様式の美しい階段ホール



19世紀末を代表するアールヌーボー様式の建物で、その名残りをロビーや階段ホールに見てとることができます。1896年の建築当初、レーミ家が所有する「レーミ・ホテル(Rémi Hotel)」としてオープンしましたが、1929年に売却され「ネムゼティ・ホテル」と名称を改め、現在に至っています。

周辺には住宅や店舗が集まっているため、ドナウ川沿いの高級ホテルに滞在する時よりも、少し外出時には用心した方が良いと思いますが、最低限の注意があれば基本的には問題のないレベルです。


スタンダードルーム

コンパクトな造りのスタンダードルーム



このホテルには2度滞在し、1度目はコードヤードに面した部屋、2度目は広場に面した部屋がアサインされましたが、防音対策もしっかり施されているため、広場に面していても外を走るトラムや車の音などの騒音はほとんどなく、夜間も静かに休むことができます。室内まで響いてくるのは、救急車のサイレン程度のレベルです。

客室はコンパクトな造りですが、ベッドの寝心地やリネン類の肌触りは悪くありません。難点を挙げるとすれば、室内が間接照明で少し薄暗いこと。ですが、バスルームの明るさは十分に確保されています。
各室にティー/コーヒーメーカーやミニバー、エアコン、iPodドックなども完備され、室内でのWi-Fiも無料で利用できます。


バスルーム

バスルームには高級アメニティもセットされている



ベッドや洗面台などの位置は少し高め。背の低い女性には少し使い勝手が悪い点もありますが、身長が160センチ以上の人には特に支障はないかと思います。上の写真はシャワーだけですが、バスタブ付きのお部屋もあります。
バススペースに、高級バスアメニティやヘアードライヤーもセットされています。


朝食ビュッフェ

朝食は、地上階の奥にあるレストランにて


朝食は、地上階の奥にあるレストランでのビュッフェスタイル。卵料理からハムやサラミ、チーズ、サラダ、ヨーグルト、シリアル、ペストリー類など一通り揃っています。コーヒーは、セルフサービスのマシーンがあるので、その中からお好みで。
写真はお料理のビュッフェ台ですが、この他にドリンクバー、パンやヨーグルトの台、スパークリングワインもあります。


ムーディーな雰囲気のバー

夜になるとムーディーなロビーバー



このホテル・ネムゼティ・ブダペストからエルジェーベト橋までは徒歩でおよそ20分、そこからドナウ川沿いの遊歩道で撮影しながら国会議事堂方面にのんびり歩いて、くさり橋を渡ったブダ側まで約50分です。

英雄広場までは少し距離があるので、トラムと地下鉄を乗り継ぐのが一般的ですが、徒歩で検証したところやや早歩きで約45分。先日、某テレビ番組で紹介された「廃墟バー」も、ここから徒歩で10分程度の場所にあります。

ブダペストは今、にわかにホテルのオープニングラッシュを迎えています。注目のホテル最新情報は、特集記事の方でご紹介を予定しています。 (取材協力:ハンガリー政府観光局、LOTポーランド航空)

MGallery - Hotel Nemzeti Budapest

客室数

全80室

住所

1088 Budapest, József krt. 4.

ウェブサイト

http://hotel-nemzeti-budapest.hu/en
http://www.mgallery.com
http://www.accorhotels.com

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ