ロコックス邸で「16世紀と17世紀におけるフランダースの風景画展」開催

更新日: 2017年02月24日

情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ロコックス邸で「16世紀と17世紀におけるフランダースの風景画展」開催
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



市長を長年つとめたアントワープの名士ニコラス・ロコックスは、画家ルーベンスの友人であり、庇護者でもあった人物。その邸宅はミュージアムとして公開され、17世紀に生きた裕福な名家の暮らしぶりが垣間見られる。

そんなロコックス邸で現在、大規模改修工事に入ったアントワープ王立美術館のコレクションから、メムリンク、ヤン・ファン・アイク、ルーベンス、アンソニー・ヴァン・ダイクらフランダースの巨匠作品を集めた「黄金のキャビネット」展が開催されているが、その一環として2017年春から夏にかけて特別展「16世紀と17世紀におけるフランダースの風景画展」が催されることになった。


Rockoxhuis

Rockoxhuis, Antwerp (C) KBC Bank NV, Erwin Donvil



そもそも「風景画」というくくりの絵画が確立されたのは、16世紀から17世紀にかけてのこと。それまで主として聖人画の背景として、天国や地獄を表すものとして登場した風景描写は、この時代に風景そのものが絵の主題として描かれるようになった。フランダース地方の画家たちは、そうした風景画の初期の発展に大きく寄与してきた。

なお、本展はアントワープ王立美術館の収蔵作品に加え、ドレスデンのアルテ・マイスター絵画館からも40点ほどの貸し出しがあり、ピーテル・ブリューゲル(父)、ヤン・ブリューゲル(父)、サロモン・ファン・ロイスダールなどの作品も展示される。

The Sky is the Limit. Het landschap in de Nederlanden.

会期

2017年3月25日~7月2日

場所

ロコックス邸

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ