ベルギー

129件中 1~10件を表示しています

レトロなトラムでベルギーの国民食「フリッツ」を味わう!

レトロなトラムでベルギーの国民食「フリッツ」を味わう!

ベルギーの国民食といえば、何といっても元祖フライドポテト「フリッツ」。ホクホクとした、この黄金色の食べ物を美味しく食べるためなら、ベルギー人は時間も努力も惜しまない。そんなベルギーには、驚くことに4,643軒(2016年  [詳細はこちら]

フード体験, ベルギー

ベルギービールの祭典「BBW 2018」ご招待キャンペーン実施中

ベルギービールの祭典「BBW 2018」ご招待キャンペーン実施中

ベルギー・フランダース政府観光局は、ユネスコ無形文化遺産に登録されたベルギーのビール文化に触れるキャンペーン「ベルギービールの世界へようこそ」をスタートさせた。 本キャンペーンでは、2018年に全国6都市7会場で展開され  [詳細はこちら]

キャンペーン, グルメ, ベルギー

アントワープの「ロコックス邸」がリニューアルオープン

アントワープの「ロコックス邸」がリニューアルオープン

画家ルーベンスの友人であり、市長をつとめた名士ニコラス・ロコックスの邸宅は、財産記録などをもとに当時の生活を再現したミュージアム。アントワープにあるこの「ロコックス邸」が2月24日、リニューアルオープンした。本物のアート  [詳細はこちら]

ベルギー

メッヘレンの「ブスレイデン邸博物館」が再オープン

メッヘレンの「ブスレイデン邸博物館」が再オープン

ブルゴーニュ公国時代にネーデルランドの首都にもなったことのあるメッヘレンは、ベルギー・フランダース地方の歴史ある町。15世紀後半からオーストリアのマルガレーテが死去する16世紀前半まで、この地方の政治そして文化の中心とし  [詳細はこちら]

ベルギー

アントワープ記念年、ガースベーク城で「ルーベンス展」開催

アントワープ記念年、ガースベーク城で「ルーベンス展」開催

2018年のベルギーは、バロックの都「アントワープ記念年」。その中心となるのが巨匠ピーテル・パウル・ルーベンスである。 ベルギーは、ルーベンスが多くの作品を描いた国。見どころはアントワープに集中しているが、2018年夏に  [詳細はこちら]

ベルギー

ブリュッセルでマグリット没後50年を記念特別展がスタート

ブリュッセルでマグリット没後50年を記念特別展がスタート

ブリュッセルのアトミウムとマグリット美術館で、シュールレアリスムの画家マグリットの没後50年を記念した特別展がスタートした。 アトミウム マグリットの絵の3D再現などインタラクティブに紹介。 Magritte 会期201  [詳細はこちら]

ベルギー

アントワープに来春、新ダイヤモンド博物館がオープン!

アントワープに来春、新ダイヤモンド博物館がオープン!

原石の80%、カットダイヤモンドの50%が取引されていると言われるアントワープは、言わずと知れた世界のダイヤモンド取引の中心地。そのダイアモンドの街アントワープに2018年春、新たなダイヤモンド博物館「DIVA」がオープ  [詳細はこちら]

ベルギー

ゲントの郵便局がシックなプチホテルに変身!

ゲントの郵便局がシックなプチホテルに変身!

この夏、ベルギー・フランダース地方にある街ゲントに、昔の郵便局を改装したクラッシックなプチホテルが誕生した。 威風堂々たる正面に八角形の塔、54メートルの高さの時計塔などは、まるで宮殿のような佇まい。ゲントのランドマーク  [詳細はこちら]

ベルギー

タリスに「プレミアム」導入で料金設定が3タイプへ

タリスに「プレミアム」導入で料金設定が3タイプへ

パリとベルギーやオランダ、そしてドイツ西部を結ぶ高速列車タリスの料金設定が2017年12月10日以降、従来の2タイプから3タイプに変更される。座席クラスは1等車に相当する「コンフォート1」と、2等に相当する「コンフォート  [詳細はこちら]

オランダ, ドイツ, フランス, ベルギー, レイルヨーロッパ

ゲントで秋の芸術祭を満喫する旅

ゲントで秋の芸術祭を満喫する旅

毎年9月に新年度を迎える秋のヨーロッパ。アートシーンにおいても新たな演目などが発表され、本格的な「文化シーズン」がスタートする。そんな時期に開催され盛り上がるのが「ゲント・フェスティバル・オブ・フランダース」である。 2  [詳細はこちら]

ベルギー

1 2 3 4 5 6 13

このページの先頭へ