ヘルシンキに新名所「オーディ」が誕生! ~ ヘルシンキ中央図書館

2018年12月07日 掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ヘルシンキに新名所「オーディ」が誕生! ~ ヘルシンキ中央図書館
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



2017年に独立100周年を迎えたフィンランド。このヘルシンキ中央図書館「オーディ」の建設プロジェクトは、国から独立100周年のメインプロジェクトに指定され、市民が参画しながら進められてきた。フィンランド人の読書への関心は非常に高く、読書はフィンランド人の生活に欠かせないもの。図書館利用率の高い国として知られているフィンランドには737の公立図書館があり、年間190万人もの人々が本を借りている。


Oodi_03

画像提供:Visit Finland



一般公募で1,600を上回る数が寄せられた中から選ばれた「オーディ/Oodi」という名称は、フィンランド語で「頌歌(しょうか)」を意味している。この「頌歌」は古代ギリシア劇で歌われる神の栄光や人の功績などをたたえる賛歌のことで、フィンランド人が独立100周年を迎えた喜びや、文化や芸術を愛するフィンランド人への贈り物という意味あいを込めて名付けられた。

「オーディ」のコンセプトは、人々が交流するリビングルーム。観光に便利なヘルシンキ中央のカンサライストリ広場にあり、すべての人々にとって開かれた文化の発信地となる。


Oodi_02

画像提供:Visit Finland



面積は17,000平方メートルほどで、フロアごとに特徴を持つ。人々が活発に行き交う入口のある1階にはカフェや映画館、展示場、イベントホールなどがあり、2階には仕事や学びのためのフロアとしてワークショップに対応する会議室やスタジオ、個室、設備の揃った工房などがある。


Oodi_01

画像提供:Visit Finland



そして、本の楽園をイメージした3階には、独特な曲線美を描く天井の下に約10万冊の本や資料が収蔵され、バルコニーでコーヒーを飲みながらから街を眺めることもできる。


Oodi_04

画像提供:Visit Finland



「Oodi」のデザインを手がけたのは、ヘルシンキを拠点に世界的に活躍する「ALA・アーキテクツ」。ガラスと鉄の構造と木が用いられた外観は、伝統技術と現代建築を組み合わせたフィンランドらしい環境に優しい建造物となっている。最上階を除き、外装には全て木材を使用。その温かみのある北欧らしい自然建築は、訪れる誰もの目を引くことだろう。

Oodi

開館時間

月~金 8:00~22:00 土・日 10:00~20:00

住所

Töölönlahdenkatu 4 00100 Helsinki

ウェブサイト

https://www.oodihelsinki.fi/en

情報提供:Visit Finland


(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ