ドイツ観光局、2016年の観光テーマは「ドイツ都市体験と自然探訪」

更新日: 2016年05月11日

情報提供:ドイツ観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドイツ観光局、2016年の観光テーマは「ドイツ都市体験と自然探訪」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



GNTO-Press-Meeting-1

(左から)ドイツ観光局 アジア・オーストラリア地区統括局長のレイカート・ケッテルハーケ氏、ドイツ連邦共和国大使館 広報文化専門官のホーボルト幸夫氏、昨年11月に就任したルフトハンザ・ドイツ航空の日本支社長ドナルド・ブンケンブルク氏



2015年にドイツを訪れた外国人の宿泊総数は、前年比5.4%増となる7,970万泊。アジアやアメリカを中心に、世界の主要5地域すべてからの渡航者数が増加しているドイツは今、インバウンドが絶好調。そんな中、先月26日にドイツ観光局が都内でプレス発表会を開催し、同局の2016年の観光テーマをはじめ、パートナー(ルフトハンザ・ドイツ航空等)によるプレス発表が行われた。

会場となったのは、ドイツを代表する自動車部品および電動工具メーカーであるボッシュ社の日本法人が、ブランド戦略の一環として2015年に渋谷にオープンさせた「Café 1886 at Bosch」。すでにクリエーターやビジネスパーソン、学生の間で話題になっている人気のカフェで、外部の企業や組織がここを貸し切ってイベントを開催するのは、ドイツ観光局が初めてだったという。これはドイツの政府機関と、同国の企業との協力体制の強さの象徴とも言える。

説明会では、冒頭のドイツ観光局アジア・オーストラリア地区統括局長のレイカート・ケッテルハーケ氏による挨拶に続き、マーケティング・ディレクターの西山晃氏から、同局の2016年の観光テーマである「ドイツ都市体験と自然探訪」と「音楽の国ドイツ」、そして「ドイツビール純粋令500年」の3つについて説明が行われた。


メインテーマは「ドイツ都市体験と自然探訪」


国土の約48%が自然景観保護の対象(出典:Statistical Yearbook 2015)となっており、およそ35%が130以上の自然保護地域となっているドイツでは、宿泊統計によると訪独旅行全体の22%が、10,000人以下の田舎を訪れている。
ドイツ本国では、この「自然」のみを一つの観光テーマとしているが、日本では観光に歴史や文化を求める人が多いため、その先で自然が楽しめるよう「都市体験と自然探訪」にしたという。


Jasmund_Kollicker_Ort_observation_point

メクレンブルク・フォアポメルン州の「ヤスムント国立公園」
(画像:(C)Nationalpark-Zentrum KÖNIGSSTUHL/Peter Lehmann)



今回はザクセンアンハルト州の「ハルツ国立公園」を筆頭に、ラインラント・プファルツ州の「フンスリュック・ホッホヴァルト国立公園」、バイエルン州の「ベルヒテスガーデン国立公園」、ノルトライン・ヴェストファーレン州の「ホーエス・ヴェン アイフェル自然公園」、メクレンブルク・フォアポメルン州の「ヤスムント国立公園」、チューリンゲン州の「ハイニヒ国立公園」、そしてヘッセン州の「ケラーヴァルト・エーダーゼー湖国立公園」などの国立公園や景観地を挙げ、それらと文化を組み合わせたコースなどが提案された。

■ あなたにぴったりのデスティネーションはどこ?

ドイツ観光局はこの程、新たに「Destination finder」を開設。これはドイツにある約130の自然景観保護地域の中から、5項目の条件設定や12項目の観光テーマに基づいて、あなたにピッタリのお薦めデスティネーションを検索できるという画期的なシステム。項目をちょっとボタン操作するだけで、あれよあれよという間にデスティネーションが絞られてくるので、是非お試しあれ!

Destination finder

URL

http://www.germany.travel/enjoy



音楽の国ドイツ


2つ目の観光テーマは「音楽」。著名な作曲家をたくさん輩出しているドイツでは、やはり音楽は外せない重要なテーマ。特に今年は、ドイツ名門の少年合唱団「聖十字架教会合唱団」が、創立800周年を迎える。

■ 創立800周年を迎えるドレスデンの「聖十字架教会合唱団」

このテーマの中で紹介されたのが、ドレスデンクロイツだ。ドレスデンクロイツこと「ドレスデン聖十字架教会合唱団」は、2016年に800年周年を迎えるドイツ名門の少年合唱団。約3年おきに来日してクリスマス・コンサートが行われるほど、日本でも安定した人気がある。

昨年の冬にも来日し、東京オペラシティでコンサートが行われたが、しばらくは来日の予定はなし。ということで、この記念すべき年に彼らのコーラスを聴くなら、こちらがドイツへ行くしかない!


Dresdner_Kreuzchor_Church_of_the_Holy_Cross

(画像:(C) Matthias Krüger Dresdner Kreuzchor)



ドレスデン聖十字架教会合唱団は2016年、6月から7月にかけてハンブルク、フランクフルト、アイスレーベンやマイセンで、ドイツ国内ツアーが予定されている他、10月から12月にかけてはボン、デュッセルドルフ、ミュンヘン、シュトゥットガルトなどで、ドレスデンフィルハーモニー管弦楽団とのコラボ公演が予定されている。
チケットに関する詳細は、ドレスデン聖十字架教会合唱団の公式ウェブサイトを参照。

800 Jahre Dresdner Kreuzchor – Ticket Information

URL

http://kreuzchor.com/en/termine-tickets


■ 2016年の主な音楽フェスティバル

ドイツ観光局は、ドイツらしい音楽フェスティバルや屋外コンサートでも、デスティネーションとしての魅力を訴求する。ドレスデン聖十字架教会合唱団の他にも、今年はドイツ各地で様々な音楽関連イベントが開催される。


2016年音楽関連フェスティバル

2016年にドイツ各地で予定されている音楽関連のフェスティバル (資料提供:ドイツ観光局)
***地図をクリックすると拡大されます***



ドイツビール純粋令500年


音楽ももちろんだが、ドイツと言えばもう一つ忘れてはならないのが、3つ目のテーマにもなっている「ビール」だ。
今年は1516年4月23日にバイエルン公国のヴェルヘルム4世が、「ビールの醸造には、大麦、ホップ、水以外の成分を用いてはならない」というビール純粋令を、インゴルシュタットで定めたて発布をしてから500周年に当たる。

ドイツビールの祭典と言えば、9月にミュンヘンで開催される「オクトーバーフェスト」が有名だが、ドイツビール純粋令から500年周年の今年は、7月22日から24日までの3日限定で「ビール純粋令500年記念まつり」が開催されるという。
当然のことながら、これは今年だけのプレミアム・ビール祭りということになる。


Oktoberfest 5

ミュンヘンの「オクトーバーフェスト」 (画像:当編集部 撮影)



プレス発表会では、この「ビール純粋令500年記念まつり」と合わせ、以下のようなビール祭りも紹介されている。
この夏はドイツへ行って、地元の人たちと一緒に「ビール純粋令500周年」をお祝いしてみよう!

■ 2016年夏、注目のドイツ・ビール祭り

フランケン・ビアフェスト

開催日

2016年5月25~29日

開催地

ニュルンベルク

ウェブサイト

http://www.bierfest-franken.de/

ビール純粋令500年記念まつり

開催日

2016年7月22~24日

開催地

ミュンヘン

ウェブサイト

http://500jahre-reinheitsgebot.com/

ベルリン・ビア・ウィーク

開催日

2016年7月22~30日

開催地

ベルリン

ウェブサイト

http://www.berlinbeerweek.com/

第20回 ベルリン国際ビアフェスティバル

開催日

2016年8月5~7日

開催地

ベルリン

ウェブサイト

http://www.bierfestival-berlin.de/

関連記事

新着記事


このページの先頭へ