バッハの町でドイツのコーヒー文化にふれる

更新日: 2018年04月12日

情報提供:ドイツ観光局

画像・動画:当編集部 撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バッハの町でドイツのコーヒー文化にふれる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ドイツ人が最も好む飲物といえばコーヒー。ドイツ東部の都市ライプツィヒは、そんなドイツのコーヒー文化にとって重要な町となっている。18世紀初頭にライプツィヒでコーヒーハウスが生まれ、J.S.バッハが『コーヒーカンタータ』を作曲した。


Leipzig_Kandler

トーマス教会前にある「カフェ・カンドラー」のバッハコーヒーと
ライプツィヒの伝統菓子ライプツィガー・レアヒェ



中でも必見は、1711年に創業したドイツ最古のコーヒーハウス「カフェ・バウム」。1階にはかつて常連客の一人だった作曲家シューマンの名を付したフロアがあり、4階には「コーヒー博物館」がある。


Leipzig_coffeehaus_01

カフェ文化が深く根付くライプツィヒにはたくさんのカフェがある


Coffe Baum

ウェブサイト

http://www.coffe-baum.de

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ