世界最古の動くプラネタリウム「ロイヤル・エイセ・エイシンガ」

更新日: 2017年08月03日

情報提供:オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 世界最古の動くプラネタリウム「ロイヤル・エイセ・エイシンガ」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


オランダ北部のフリースランド州、人口1万3,000人ほどが暮すフラネケル(Franeker)という小さな町に、現在稼働するプラネタリウムの中では世界最古と言われる「ロイヤル・エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」がある。

場所は、18世紀後半に羊毛業を営みながら数学や天文学を独学で学び、若干17歳で天文学に関する本を出版したという天才エイセ・エイシンガの自宅。エイシンガは1774年、水星、金星、火星、木星と月の軌道が重なるという現象にパニックを起こした人々の恐怖を鎮めるために、このプラネタリウムを作った。


Het Koninklijke Eise Eisinga Planetarium verwondert
(配信元:Prins Bernhard Cultuurfonds/YouTube)



このプラネタリウムが完成したのは、それから7年の歳月が過ぎた1781年のこと。現代の私たちが思い描くプラネタリウムとは様相が異なるが、200年以上たった今も正確に動きつづけ、とても18世紀に独力で作ったとは思えないほどの複雑な精工さに驚かされる。

館内のリビングルームでは、装置が作られた背景やそれぞれが示す内容をガイドが説明。狭い階段を上った2階では、屋根裏の装置を動かす歯車が見られる。フラネケルへは、州都のレーワルデンから列車で約16分。締切大堤防に向かう途中にある。

Koninklijk Eise Eisinga Planetarium

住所

Eise Eisingastraat 3, 8801 KE Franeker

ウェブサイト

www.planetarium-friesland.nl

(動画はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ