ガウディ3作品のひとつ「カサ・ボティネス」が一般公開

更新日: 2017年05月17日

情報提供:スペイン政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ガウディ3作品のひとつ「カサ・ボティネス」が一般公開
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



カタルーニャ州の外にあるガウディ3作品のひとつ、レオンにある「カサ・ボティネス」の一般公開が始まった。
「カサ・ボティネス」は、あのアントニオ・ガウディが携わったネオゴシック風の建物。カタルーニャの繊維産業の企業家であったレオンの織物商人らに委託され(正確にはカタルーニャの商人のカルロス・グエルの勧めにより)、1891年に建築した。


Casa Botines, Gaudí en León. TVE (配信元:RICI Recursos de Información y Comunicación/YouTube)



地下から1階は設計依頼主である繊維関連企業の事業所や店舗、倉庫として、2階は建物のオーナーの住居、3階以上は賃貸住宅として設計された。わずか10ヶ月の工期であったことから「崩れるかも…」との噂が流れ、それを耳にしたガウディは憤慨したと言う。

「カサ・ボティネスは1969年に歴史的建造物に指定され、 現在はカハ・エスパーニャ銀行が本社を置いている。この建物のあるレオンへは、マドリードから高速鉄道で約2時間15分でアクセスできる。

Turismo León

ウェブサイト

http://www.turismoleon.org

(動画はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ