スペイン

204件中 1~10件を表示しています

バレンシアで「光の画家」ソローリャを辿る

バレンシアで「光の画家」ソローリャを辿る

ホアキン・ソローリャは、19世紀のスペインを代表する印象派の画家。その作品には地中海に降り注ぐ陽光に溢れ、見る者に喜びと癒しを与えてくれる。ソローリャの故郷であるバレンシアには、画家の人生や作品に因んだ場所が30ヶ所存在  [詳細はこちら]

スペイン

情熱の町マラガへは、ターキッシュエアラインズで

情熱の町マラガへは、ターキッシュエアラインズで

ターキッシュ エアラインズはこの程、駐日スペイン大使館においてスペイン政府観光局、およびコスタデル ソル マラガ観光局との共催によるセミナーを開催しました。今回フォーカスされたデスティネーションは、あのパブロ・ピカソを生  [詳細はこちら]

スペイン, ターキッシュ エアラインズ, 編集部便り

フラメンコ衣装を纏った巡礼者の行列「ロシオの巡礼祭」

フラメンコ衣装を纏った巡礼者の行列「ロシオの巡礼祭」

スペイン各地から集まった数十万もの信徒がフラメンコの衣装を纏い、踊り歌いながらウエルバ県アルモンテから17キロ離れたロシオ村へと巡礼する祭り。最終日には、教会から聖母像を担ぎ出す感動のクライマックスが待っている。 聖週間  [詳細はこちら]

スペイン

6月15日は世界タパスデー!

6月15日は世界タパスデー!

スペインの美味しく楽しいタパス文化を、世界各国に紹介する「世界タパスデー」。 本場のスペインでタパス巡りが体験したくなるよう、スペインのガストロノミーPR協会「サボレア・エスパーニャ」が設定した日で、タパスに親しむイベン  [詳細はこちら]

スペイン

ガウディ3作品のひとつ「カサ・ボティネス」が一般公開

ガウディ3作品のひとつ「カサ・ボティネス」が一般公開

カタルーニャ州の外にあるガウディ3作品のひとつ、レオンにある「カサ・ボティネス」の一般公開が始まった。 「カサ・ボティネス」は、あのアントニオ・ガウディが携わったネオゴシック風の建物。カタルーニャの繊維産業の企業家であっ  [詳細はこちら]

スペイン

サン・セバスティアンで「世界観光料理フォーラム」開催

サン・セバスティアンで「世界観光料理フォーラム」開催

今や世界から注目を浴びる美食の街サン・セバスティアン(バスク州)で、「世界観光料理フォーラム」が開催される。 これはサン・セバスティアンで奇数年に開催されている、世界観光機関(以下、UNWTO)のガストロノミー観光に関す  [詳細はこちら]

スペイン

スペイン、2017年のガストロノミー首都はウエルバ

スペイン、2017年のガストロノミー首都はウエルバ

旅先での楽しの一つと言えば、地元で味わえる美味しい食事。 大西洋と地中海が出合うスペイン沿岸部のコスタ・デ・ラ・ルスを代表する都市ウエルバが、スペインの「2017年ガストロノミー首都」に選ばれた。 ウエルバの3大特産品は  [詳細はこちら]

スペイン

スペインの聖週間を締めくくる「アルバセテの太鼓祭り」

スペインの聖週間を締めくくる「アルバセテの太鼓祭り」

アルバセテにあるエジンの聖週間は、「太鼓祭り」でクライマックスを迎える。これは村最大の祭りで、およそ2万個の太鼓の音が絶え間なく鳴り続け、その大きな音は数日間続く。 最も盛大な太鼓祭りが行われのが、聖木曜日の午前零時。一  [詳細はこちら]

スペイン

フランス~スペイン高速列車の料金ルールが変更に

フランス~スペイン高速列車の料金ルールが変更に

フランス~スペイン高速列車の料金体系が変更され、新たに「Promo(プロモ)」が設定された。これは大人と子供、グループ(大人、ユース)に適用される料金で、24時間前までの購入が必要。変更/払い戻しのいずれも不可となってい  [詳細はこちら]

スペイン, フランス, レイルヨーロッパ

セビージャの「ラス・ドゥエニャス宮殿」

セビージャの「ラス・ドゥエニャス宮殿」

2014年に88歳で他界した、スペインで最も裕福な女性といえばアルバ侯爵夫人。心のままに生きた彼女がセビージャで所有していた「ラス・ドゥエニャス」は、ゴシック・ムデハル様式とルネッサンス様式が融合した宮殿で、そこにある家  [詳細はこちら]

スペイン

1 2 3 4 5 6 21

このページの先頭へ