バレンシアで「光の画家」ソローリャを辿る

更新日: 2017年06月20日

情報提供:スペイン政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バレンシアで「光の画家」ソローリャを辿る
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


ホアキン・ソローリャは、19世紀のスペインを代表する印象派の画家。その作品には地中海に降り注ぐ陽光に溢れ、見る者に喜びと癒しを与えてくれる。ソローリャの故郷であるバレンシアには、画家の人生や作品に因んだ場所が30ヶ所存在している。


Sorolla

ソローリャ作『小さな船』(1909年/ソローリャ美術館収蔵)
画像提供:スペイン政府観光局



そんなバレンシアを訪れるのなら、やはり浸ってみたいのが「ソローリャの世界」。ソローリャの生家をはじめ、作品が展示されている美術館、大聖堂やサン・マルティン教会、さらには世界遺産のロンハも点で結ばれているので、一般的な観光ルートとしても十分に楽しめる。

Ruta Sorolla - rutas turísticas y culturales en España

ウェブサイト

http://www.spainisculture.com

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ