マラガで第2期キュービズム作品を集めた展覧会を開催中

更新日: 2018年01月10日

情報提供:スペイン政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - マラガで第2期キュービズム作品を集めた展覧会を開催中
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed


マラガのカルメン・ティッセン美術館で現在、「フアン・グリスとマリア・ブランチャードとキュービズム(1916~1927年)」と題した展覧会が開催されている。期間中、芸術運動の先駆者であったピカソやブラケの後継者となるフアン・グリス、マリア・ブランチャードらの作品が鑑賞できる。


Exposición 'Juan Gris, María Blanchard y los cubismos (1916-1927)
(配信元:thyssenmalaga/YouTube)



同展で展示されているのは、精選されたキュービズム第2期の絵画、彫刻、絵画、ドキュメンタリー素材。3つのセクションで構成されており、第1部はフアン・グリスとマリア・ブランチャードの優れた絵画コレクションが、第2部ではそうした芸術家らと現代美術(20世紀)の巨匠たちに焦点を当てたドキュメンタリーが展示されている。

第3部には、ダリやモレノ・ビリャ、ベンハミン・パレンシア、ホアキン・ペイナド、アンヘレス・オルティス、パンチョ・コッシーオなど、キュービズムを通した近代化を行ったアーティストらの作品が並んでいる。

Exposición 'Juan Gris, María Blanchard y los cubismos (1916-1927)

会期

2018年2月25日まで

会場

カルメン・ティッセン美術館(マラガ)

ウェブサイト

http://www.carmenthyssenmalaga.org

(動画はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ