2017年はシドニーの花火で華やかに迎える! 

更新日: 2016年11月14日

情報提供:Destination NSW

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2017年はシドニーの花火で華やかに迎える! 
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



New Year's Eve Fireworks Sydney Mandatory Credit Destination NSW

(C) Destination NSW



街中の至る場所をライトアップする花火で知られるシドニーは、新年の訪れを祝うに相応しい世界有数の絶景スポット。その場所は、家族向けのダーリング・ハーバーからタロンガ動物園、シドニー・ハーバーの波打ち際まで様々ある。
そこで、シドニーで2017年を迎えようと計画中のあなたに、デスティネーション・ニューサウスウェールズ(Destination NSW)おすすめのスポットをご紹介することにしよう!


無料の展望スポット

サーキュラー・キー (CIRCULAR QUAY)


「イースト・サーキュラー・キー」は、サーキュラー・キー駅とシドニー・オペラ・ハウスの間を結ぶ散歩道。シドニー・ハーバー・ブリッジとシドニー・ハーバーなどの港のアクションがすべて見えるため、人気の展望スポットとなっている。
ここで新年の花火を鑑賞するなら、やはり「シドニー・オペラ・ハウス」付近。ただし、いつも満員になる人気の場所なので、早めに出かけて良い席を確保しよう!

開場

09:00

入場料

無料(予約エリア)


ダーリング・ハーバー(DARLING HARBOUR)


大晦日の「ダーリング・ハーバー」では、家族揃って楽しめる無料のエンターテインメントのプログラムが目白押し。特にコックル湾は、2017年を迎え入れには、特にエキサイティングな場所の一つだ。
目を見張る光と炎のショーは19時にスタート。21時と0時に打ち上げられる夜空を焦がすような花火の前に、パーティー気分で充満する。ただし、すぐ予約でいっぱいになるため、早めに波打ち際に場所を確保してくのがおすすめだ。

開場

11:00

入場料

無料


王立植物園(ROYAL BOTANIC GARDEN)・ミセス・マッコーリーズ・ポイント(MRS MACQUARIES POINT)


家族で芝生に座り「シドニー・ハーバー・ブリッジ」や「オペラ・ハウス」、さらにはシドニーのスカイラインが眺められるスポットがお望みなら、州立美術館内の「ミセス・マッコーリーズ・ポイント」が外せない。
ここはチケット制でなく、一般に開放された展望エリアだが、入園の際には1豪ドル硬貨、もしくは2豪ドル硬貨による寄付が求められる。認可を受けたフードブースなどもお目見えするが、ピクニック用の食事を持参することも可能となっている。

開場

10:00

入場料

寄付としてゴールド・コイン(AUS$1~2)


マクマホンズ・ポイント(MCMAHONS POINT)


ニューイヤーズイブのアクションをすべて楽しむなら、「ブルース・ポイント・リザーブ」がおすすめ。この場所からシドニー・ハーバー・ブリッジの西側のファサードや、夜空のライトアップが見られる。シドニー有数の展望ポイントということもあり、早々と満席になるため、早いうちに出かて席を確保しておこう。

開場

12:00

入場料

無料



チケット制のイベント会場(金額順)

バランガルーリザーブ(BARANGAROO RESERVE)


「バランガルーリザーブ」からは、シドニー・ハーバー・ブリッジの西側ファサードがよく見え、花火を見るには絶好ポイント。その他、シドニー港のバルマンからゴート島、ボールズヘッドポイントに係留された数多くのバージからの打ち上げ花火も見られる。バランガルーの芝生は巨大なスロープになっており、ここからは花火だけではなく、シドニー・ハーバーの見事な夜景も楽しめる。食事や飲み物を持ち込み、21時と0時の花火も楽しもう!夕方には、ロービング・パフォーマーが練り歩く。

開場

18:00

入場料

〔大人〕 AUS$ 29.50~

チケット

http://moshtix.com.au/v2/event/new-years-eve-at-barangaroo-reserve/90409?skin=90409_17


タロンガ動物園(TARONGA ZOO)


2016年に100周年を迎えた「タロンガ動物園」。大晦日は、その記念行事の締めくくりとなり、特別なイベントが予定されている。シドニーのノース・ショアの夜の動物園で、様々な動物の鳴き声を聞きながら華やかなカクテルパーティーで新年の到来を祝も良し、家族揃って芝生でピクニックをしながら新年を迎えるも良し、どちらを選択してもシドニーらしい新年の訪れが楽しめる。入場料の収益は、タロンガの重要な動物保護活動や繁殖プログラムの継続支援のために使用される。

開場

15:30

入場料

〔大人〕 AUS$ 190~

チケット

https://tickets.theticketgroup.com.au


王立植物園・ベネロングローン(BENNELONG LAWN)


開場

19:00

入場料

〔大人〕 AUS$ 329 ~

チケット

http://www.new-years-eve-in-sydney.com


シドニーの王立植物園 (ROYAL BOTANIC GARDEN)


「シドニーの王立植物園」では、最も人気のあるニューイヤー・イベントが開催される。シドニー・オペラ・ハウスを見下ろす「ベネロングローン」では、プレミアイベントが行われる。町の喧騒から離れたこの場所からは、シドニー・ハーバーの素晴らしい眺望が望める。

チケット

http://www.sydney.com/destinations/sydney/sydney-city/city-centre/attractions/royal-botanic-gardens-and-the-domain

(写真はイメージです)

関連記事

新着記事


このページの先頭へ