重要なお知らせ

35件中 1~10件を表示しています

オーストリア政府、入国前にオンライン登録を義務付け

オーストリア政府、入国前にオンライン登録を義務付け

オーストリア政府は、同国へ入国するすべての旅客に対し、事前のオンライン入国登録(Pre-Travel Clearance)を義務付けした。この措置により、同国へ入国する際にはQRコード付きのオンラインフォームを印刷、もし  [詳細はこちら]

オーストリア, 新型コロナウィルス

ベルギー、2021年3月1日まで不要不急の渡航を禁止

ベルギー、2021年3月1日まで不要不急の渡航を禁止

ベルギー内務省は、2021年3月1日までベルギー発着の不要不急の渡航を禁止した。やむを得ない事情で渡航の際には、その必要性を証明するため、印刷またはデジタル式に保存された宣誓陳述書の携帯が必要となる。 詳細は、ベルギー連  [詳細はこちら]

ベルギー, 新型コロナウィルス

欧州初!イタリアのワクチン接種100万人達成

欧州初!イタリアのワクチン接種100万人達成

イタリアのコンテ首相は16日、自身のツイッターにて「イタリアでの新型コロナウィルスのワクチン接種数が、100万人を達成した」と発表した。100万人ワクチン接種達成は欧州連合で初めて(世界第6位、ヨーロッパで第2位)で、人  [詳細はこちら]

イタリア, 新型コロナウィルス

[Covid-19] 外出禁止令が再発令されたフランスが段階的な緩和を発表

[Covid-19] 外出禁止令が再発令されたフランスが段階的な緩和を発表

10月30日より再び外出禁止令が発令されたフランスで、このほど段階的な規制緩和が発表された。この措置は、感染状況の好転を条件に3段階にて分けて実施される。 第1段階(2020年11月28日~) 特例証明書にて外出を正当化  [詳細はこちら]

フランス, 新型コロナウィルス

〔新型コロナウイルス〕フィンランド、日本を再び制限国へ

〔新型コロナウイルス〕フィンランド、日本を再び制限国へ

フィンランド国境警備は19日、2020年8月24日以降に有効となる新たな新型コロナウイルス感染情報を発表した。 日本は7月24日より一般旅行者を含め隔離なしでのフィンランド入国が認められていたが、再び感染者が増加している  [詳細はこちら]

フィンランド, 新型コロナウィルス

フランス、今夏の観光業再開へ(新型コロナウィルス関連)

フランス、今夏の観光業再開へ(新型コロナウィルス関連)

フランス観光開発機構は6月25日、新型コロナウィルス(Covid-19)に関し、同国内および欧州での衛生状況が改善されていることを受け、欧州委員会の提言に従って6月15日(スペインは6月22日)より域内の国境制限(陸路、  [詳細はこちら]

フランス, 新型コロナウィルス

マカオ、新型コロナウイルスに関する現地情報

マカオ、新型コロナウイルスに関する現地情報

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るう中、マカオ政府は在外マカオ居民を保護すべく呼び戻しの追加支援を行なっている。その結果、2020年4月9日から77日間新規感染者ゼロを維持していたが、6月25日に46例目の輸入  [詳細はこちら]

マカオ, 新型コロナウィルス

ニューカレドニア、全国際線の運休を2020年7月末まで延長

ニューカレドニア、全国際線の運休を2020年7月末まで延長

ニューカレドニア政府は、「ニューカレドニアに就航する全ての国際線定期運航の停止を2020年7月31日まで延長する」と発表。この徹底した予防措置政策により4月上旬以降、ニューカレドニアでは新型コロナウィルス感染症(COVI  [詳細はこちら]

ニューカレドニア, 新型コロナウィルス

モルディブ、7月から段階的に観光客の受け入れを再開

モルディブ、7月から段階的に観光客の受け入れを再開

モルディブ政府が、7月より段階的な観光客の受け入れ再開を発表。入国制限の緩和に向けての準備に入った。7月から徐々に国境を再開する。 モルディブ政府は、2020年4月15日に市中感染が確認された後、首都マレでのロックダウン  [詳細はこちら]

モルディブ, 新型コロナウィルス

ジャマイカ、6月15日より観光客の受け入れを再開

ジャマイカ、6月15日より観光客の受け入れを再開

ジャマイカ観光省のエドモンド・バーレット大臣が6月4日、メディア向けのバーチャルブリーフィングを開催し、6月15日より国外からの観光客の受け入れ再開を発表。「COVID-19 resilient corridor」という  [詳細はこちら]

ジャマイカ, 新型コロナウィルス

1 2 3 4

このページの先頭へ