中世料理からモダン料理まで、豊かなエストニアの食事情

更新日: 2017年04月03日

情報提供:エストニア政府観光局

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中世料理からモダン料理まで、豊かなエストニアの食事情
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed



長い歴史の中でカルチャー同様、スカンジナビアやロシア、ドイツなどの様々なベストな要素を取り込み、さらにはフランス料理などの影響も受けたエストニア料理。豊かな食文化を育むエストニア料理の特徴と未来に関して、エストニアの料理人や食品業者はある共通の認識とこだわりを持っている。それはヘルシーな食材をシンプルに調理し、北欧の伝統料理の手法により近くなるということだ。


Estonia_mikkin

エストニアの伝統的な「バルティック・サンドウィッチ」 (画像提供:Visit Estonia)



エストニア料理を大きく特徴づけるのは、ソバの実、ビーツ、クロスグリなどのビタミンをたっぷりと含んだ色鮮やかな地元の新鮮食材。エストニアの人々は、森や畑で採れた「スーパーフード」たちをそれぞれの収穫時期に合わせて味わい、残ったらジュースやジャムなどの保存食にして1年中楽しんでいる。

さらにエストニア人はパンに強いこだわりを持っており、それを証明するかのようにエストニア語にはパンを表す単語が少なくとも3つある。スーパーマーケットや食料品店には、様々な形やサイズの黒パンが並び、レストランでは店オリジナルのレシピで作られた焼きたての黒パンが楽しめる。

そうしたパリパリとした耳を持つ黒いライ麦パンは、エストニアらしいお土産の一つにもなる。この黒パンは、エストニア製の脂肪分無調整バターをしっかり塗ると、その美味しさはさらに増す。

エストニアでは、インターナショナル料理やフュージョン料理もリーズナブルに味わえる。例えば、5コースのディナーなら他のヨーロッパ諸国の主要都市と比較すると、およそ半値で食べられる。その他にもタリンなどの主要都市では、中世の料理やベジタブル料理も味わえる。

Visit Estonia

ウェブサイト

https://www.visitestonia.com

(写真はイメージです)

関連記事

    None Found

新着記事


このページの先頭へ