エストニア

30件中 1~10件を表示しています

エストニアに新たにオープンした注目のアトラクション

エストニアに新たにオープンした注目のアトラクション

人口わずか130万人のエストニアには、250もの歴史的名品を集めた美術館・博物館がある。現代的なアトラクションも多く、歴史や文化に興味がある人はもちろん、単なる観光でエストニアを訪れた人でも楽しめる美術館や博物館たたくさ  [詳細はこちら]

エストニア

エストニア独立回復30周年 祝賀イベントのハイライトは「シンクロ合唱」

エストニア独立回復30周年 祝賀イベントのハイライトは「シンクロ合唱」

1991年8月20日に旧ソ連からの独立回復を宣言したエストニア。30周年を迎える今年はエストニア全土で祝賀イベントが行われる。この日、国内の複数都市で同時に行われるシンクロ合唱は最大のハイライトとなっている。 エストニア  [詳細はこちら]

エストニア

2021年のサーレマー島は「ヴァイキング」一色!

2021年のサーレマー島は「ヴァイキング」一色!

2021年は「ヴァイキング年」となるエストニアのサーレマー島。「トールのハンマーミョルニルとヴァルハラのヴァルキリーの名において」、サーレマー島は今年ヴァイキング一色となり、このヴァイキングをテーマにした様々な体験を提供  [詳細はこちら]

イベント, エストニア, 伝統文化

エストニア政府観光局、⽇本での活動を本格的に再開

エストニア政府観光局、⽇本での活動を本格的に再開

エストニア政府観光局は、株式会社Foresight Marketingを日本代表として引き続き契約し、6⽉から⽇本マーケットでの活動をデジタルプロモーションを中⼼に再開した。 これに先駆ける形で5⽉20⽇には従来のFac  [詳細はこちら]

エストニア, 田園ツーリズム, 観光ニュース

〔現地レポート〕エストニアで暮すような旅を楽しむ

〔現地レポート〕エストニアで暮すような旅を楽しむ

そのオシャレで自由なライフスタイルで、今世界中から熱い視線が注がれている北欧ライフ。バルト三国の中でも特にオットリとした国民気質のエストニアでは、ツーリストでも肩を張らずに<シティブレイク>が満喫できる。特集記事『バルト  [詳細はこちら]

エストニア, ライフスタイル, 現地レポート

〔現地レポート〕エストニアの領主の館に泊まる

〔現地レポート〕エストニアの領主の館に泊まる

ドイツやスウェーデン統治の歴史を持つエストニアには、荘園の領主たちが住まいとした美しい城館が点在している。近年、それらの多くが修復され、ラグジュリーな宿泊施設として生まれ変わっている。ロシアと国境を接するペイプシ湖近くに  [詳細はこちら]

エストニア, 旅コム特集

〔現地レポート〕オニオンロードで出会うロシア文化

〔現地レポート〕オニオンロードで出会うロシア文化

エストニア第2の都市タルトゥから北東へおよそ40キロ、ロシアとの国境線があるペイプシ湖までを結ぶ「オニオンルート」は、その昔、ロシア正教の主流派から分離した古儀式派が移り住んだ土地で、エストニア、ロシア、そしてバルト系ド  [詳細はこちら]

エストニア, 田園ツーリズム

2020年からエストニアとラトビアが「ユーレイル」に加盟

2020年からエストニアとラトビアが「ユーレイル」に加盟

2020年1月1日より「ユーレイル グローバルパス」にエストニアとラトビアの2ヶ国が追加され、計33ヶ国の国鉄(もしくはそれに相当する鉄道)が乗り放題となる。また、ユーレイル1ヶ国パスについても「ユーレイル エストニアパ  [詳細はこちら]

エストニア, ラトビア, レイルヨーロッパ

今、最も注目が集まるバルト海沿岸のハイキングコースを歩く旅

今、最も注目が集まるバルト海沿岸のハイキングコースを歩く旅

今、最も注目されてるハイキングコースがあるのが「バルト海沿岸」だ。リトアニアとラトビアの国境からエストニアの首都タリンの港まで、全長1200キロの海岸沿いがハイキングできる。 全長1200キロ。ラトビア(580キロ)とエ  [詳細はこちら]

ウォーキング, エストニア, ラトビア

CAITO日本事務所がフィンランド南岸部、エストニア、ラトビアの田園地方に関するアンケート調査を実施

CAITO日本事務所がフィンランド南岸部、エストニア、ラトビアの田園地方に関するアンケート調査を実施

日本からの旅行者を対象にフィンランド南岸部観光協会、エストニア田園ツーリズム協会、ラトビア田園ツーリズム協会が行っている田園地方を旅するツーリズムプロモーション「CAITOプロジェクト」の日本窓口である株式会社 Fore  [詳細はこちら]

エストニア, フィンランド, ラトビア, 田園ツーリズム

1 2 3

このページの先頭へ