エストニア

13件中 1~10件を表示しています

6月にエストニアを旅する編み物好きに耳より情報!キヒヌ島の魅惑的なニットの世界を体験する3日間

6月にエストニアを旅する編み物好きに耳より情報!キヒヌ島の魅惑的なニットの世界を体験する3日間

6月にエストニアを旅する編み物好きに耳よりな情報! 夏至祭(聖ヨハネの日)直前に、キヒヌ島の編み物名人が魅惑的なキヒヌ・スタイルの編み物の世界を案内する「編み物フェスティバル」が開催される。期間中は手袋やミトン、靴下、セ  [詳細はこちら]

エストニア, フェスティバル, 体験型

地元の人たちと一緒にツーリストも楽しめる「タリン旧市街デー」

地元の人たちと一緒にツーリストも楽しめる「タリン旧市街デー」

5月末から6月にかけてタリンの旧市街で開催される「タリン旧市街デー」は、地元の文化遺産とコミュニティーのため1982年から開催されている旧市街最大のお祭りだ。夏の始まりを祝うお祭りでもあり、ほとんどのイベントが無料で楽し  [詳細はこちら]

エストニア, フェスティバル

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

生活様式やメンタリティに似た面を持ちつつも、それぞれの独自性も誇るフィンランド・エストニア・ラトビアの人々。この3ヶ国はいずれも安全で旅がし易く、交通網も整備され、ゲストハウスや田舎風ホテルが数多く点在する人里離れた田園  [詳細はこちら]

エストニア, フィンランド, ラトビア

エストニア政府観光局が選ぶマナーハウス トップ10

エストニア政府観光局が選ぶマナーハウス トップ10

かつてドイツやスウェーデンの統治下にあったエストニアには、「マナーハウス」と呼ばれる豪華な領主館が数多く残されている。その多くが修復されラグジュリーなホテルとして使用され、ワインやディナー、スパ・トリートメントを楽しんだ  [詳細はこちら]

エストニア

エストニアでお洒落に新年を迎えよう!

エストニアでお洒落に新年を迎えよう!

大晦日は、過去に別れを告げ未来を迎える日。エストニアでは、年が変わる瞬間に花火が打ち上げられ、人々は新年の誓いを胸に刻む。大晦日にはエストニア各地で、多くの楽しいイベントが行われている。 ヴァネムイネ劇場のダンスパーティ  [詳細はこちら]

エストニア

エストニアで過ごすクリスマス

エストニアで過ごすクリスマス

雪の結晶が地面に舞い落ち、カフェのウィンドウに蝋燭の火やイルミネーションが灯る… そんな美しいエストニアの冬の街歩きを一層楽しくしてくれる注目のイベントをご紹介しよう。 タリン・クリスマスマーケット ヨーロッパ屈指の美し  [詳細はこちら]

エストニア

旅してみたいエストニアの島々

旅してみたいエストニアの島々

2,000以上の島があるエストニア。その多くが小さな無人島で、田園の魅力に溢れている。そんなエストニアの島々にはゆっくりと流れ、伝統的なライフスタイルが深く根付いている。また、手つかずの自然も残り、バードウォッチングはも  [詳細はこちら]

エストニア

エストニアの世界遺産「キヒヌ島の伝統的なライフスタイル」

エストニアの世界遺産「キヒヌ島の伝統的なライフスタイル」

エストニアの西海岸から船で1時間ほどのキヒヌ島。およそ600人が暮すこの小さな島では、伝統的な習慣が大切に守られ、ライフスタイルとして日常に溶け込んでいる。 島の女性たちが身に纏っているのは、伝統的な織り機と地元産の羊毛  [詳細はこちら]

エストニア

エストニア農業省、「四季の旅 エストニア」と題したコース料理の試食会を開催

エストニア農業省、「四季の旅 エストニア」と題したコース料理の試食会を開催

駐日エストニア大使館と同国の農業省は去る4月21日、「四季の旅 エストニア(A journey through the seasons of Estonia)」と題したコース料理の試食会を催した。 エストニアについて ヨ  [詳細はこちら]

エストニア

中世料理からモダン料理まで、豊かなエストニアの食事情

中世料理からモダン料理まで、豊かなエストニアの食事情

長い歴史の中でカルチャー同様、スカンジナビアやロシア、ドイツなどの様々なベストな要素を取り込み、さらにはフランス料理などの影響も受けたエストニア料理。豊かな食文化を育むエストニア料理の特徴と未来に関して、エストニアの料理  [詳細はこちら]

エストニア

1 2

このページの先頭へ