バルト三国

134件中 1~10件を表示しています

6月にエストニアを旅する編み物好きに耳より情報!キヒヌ島の魅惑的なニットの世界を体験する3日間

6月にエストニアを旅する編み物好きに耳より情報!キヒヌ島の魅惑的なニットの世界を体験する3日間

6月にエストニアを旅する編み物好きに耳よりな情報! 夏至祭(聖ヨハネの日)直前に、キヒヌ島の編み物名人が魅惑的なキヒヌ・スタイルの編み物の世界を案内する「編み物フェスティバル」が開催される。期間中は手袋やミトン、靴下、セ  [詳細はこちら]

エストニア, フェスティバル, 体験型

2018年6月開幕! リトアニア「歌の祭典」のプログラムが発表

2018年6月開幕! リトアニア「歌の祭典」のプログラムが発表

2018年6月30日からリトアニアの首都ヴィリニュスで開催される「歌の祭典」のプログラムが発表された。この祭典は、カウナスにある「歌の谷」で記念式典が行われた後、ヴィリニュスの各所でコンサートや民族市など、大人から子ども  [詳細はこちら]

フェスティバル, リトアニア, 世界遺産

ヴィリニュスの街中でストリート・ミュージックを楽しむ

ヴィリニュスの街中でストリート・ミュージックを楽しむ

リトアニアの首都ヴィリニュスで、恒例の音楽イベント「ストリート・ミュージックデー」が開催される。この日は一般の人々に無料で音楽を楽しんでもらおうおと、リトアニアのミュージシャンたちがヴィリニュスに集結。路上でホットなパフ  [詳細はこちら]

リトアニア

ラトビア独立100周年のハイライトは世界遺産の『歌と踊りの祭典』

ラトビア独立100周年のハイライトは世界遺産の『歌と踊りの祭典』

ラトビア投資開発公社は先ごろ、東京都渋谷区にある駐日ラトビア大使館において「ラトビア独立100周年記念セミナー」を開催した。 セミナーに先立ち、ラトビア共和国特命全権大使のダツェ・トレイヤ=マスィー閣下が来場者に向け挨拶  [詳細はこちら]

ラトビア, 観光ニュース

地元の人たちと一緒にツーリストも楽しめる「タリン旧市街デー」

地元の人たちと一緒にツーリストも楽しめる「タリン旧市街デー」

5月末から6月にかけてタリンの旧市街で開催される「タリン旧市街デー」は、地元の文化遺産とコミュニティーのため1982年から開催されている旧市街最大のお祭りだ。夏の始まりを祝うお祭りでもあり、ほとんどのイベントが無料で楽し  [詳細はこちら]

エストニア, フェスティバル

リトアニアの伝統工芸市「カジューカス祭」

リトアニアの伝統工芸市「カジューカス祭」

リトアニアの首都ヴィリニュスで毎年春に開催される「カジューカス祭」は、17世紀初頭にヴィリニュス初のバロック建築「聖カジミエル教会」を建てたカシミール大公の命日(3月4日)に因んだお祭りだ。リトアニア最大規模かつ最も古い  [詳細はこちら]

リトアニア

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

生活様式やメンタリティに似た面を持ちつつも、それぞれの独自性も誇るフィンランド・エストニア・ラトビアの人々。この3ヶ国はいずれも安全で旅がし易く、交通網も整備され、ゲストハウスや田舎風ホテルが数多く点在する人里離れた田園  [詳細はこちら]

エストニア, フィンランド, ラトビア

ラトビアのクリスマス

ラトビアのクリスマス

ラトビアの人々にとってのクリスマスのご馳走といえば「ジンジャーブレッド」。家庭で焼いたり、ジンジャーブレッド用の生地を売るパン屋もある。伝統的なジンジャーブレッドの材料は、ハチミツに麦芽、バター、卵、小麦粉の他に、生姜や  [詳細はこちら]

ラトビア

今からでも十分に楽しめるリトアニアのクリスマス

今からでも十分に楽しめるリトアニアのクリスマス

12月になると、その姿をマジカルな雰囲気へと変えるリトアニア。リトアニアの人々にとってもクリスマスは、とても重要なイベントとなっている。特に首都ビリニュスで開催されているクリスマスマーケットは、リトアニアの新たな伝統とな  [詳細はこちら]

リトアニア

エストニア政府観光局が選ぶマナーハウス トップ10

エストニア政府観光局が選ぶマナーハウス トップ10

かつてドイツやスウェーデンの統治下にあったエストニアには、「マナーハウス」と呼ばれる豪華な領主館が数多く残されている。その多くが修復されラグジュリーなホテルとして使用され、ワインやディナー、スパ・トリートメントを楽しんだ  [詳細はこちら]

エストニア

1 2 3 4 5 6 14

このページの先頭へ