バルト三国

170件中 41~50件を表示しています

地元の人たちと一緒にツーリストも楽しめる「タリン旧市街デー」

地元の人たちと一緒にツーリストも楽しめる「タリン旧市街デー」

5月末から6月にかけてタリンの旧市街で開催される「タリン旧市街デー」は、地元の文化遺産とコミュニティーのため1982年から開催されている旧市街最大のお祭りだ。夏の始まりを祝うお祭りでもあり、ほとんどのイベントが無料で楽し  [詳細はこちら]

エストニア, フェスティバル

リトアニアの伝統工芸市「カジューカス祭」

リトアニアの伝統工芸市「カジューカス祭」

リトアニアの首都ヴィリニュスで毎年春に開催される「カジューカス祭」は、17世紀初頭にヴィリニュス初のバロック建築「聖カジミエル教会」を建てたカシミール大公の命日(3月4日)に因んだお祭りだ。リトアニア最大規模かつ最も古い  [詳細はこちら]

リトアニア

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

生活様式やメンタリティに似た面を持ちつつも、それぞれの独自性も誇るフィンランド・エストニア・ラトビアの人々。この3ヶ国はいずれも安全で旅がし易く、交通網も整備され、ゲストハウスや田舎風ホテルが数多く点在する人里離れた田園  [詳細はこちら]

エストニア, フィンランド, ラトビア

ラトビアのクリスマス

ラトビアのクリスマス

ラトビアの人々にとってのクリスマスのご馳走といえば「ジンジャーブレッド」。家庭で焼いたり、ジンジャーブレッド用の生地を売るパン屋もある。伝統的なジンジャーブレッドの材料は、ハチミツに麦芽、バター、卵、小麦粉の他に、生姜や  [詳細はこちら]

ラトビア

今からでも十分に楽しめるリトアニアのクリスマス

今からでも十分に楽しめるリトアニアのクリスマス

12月になると、その姿をマジカルな雰囲気へと変えるリトアニア。リトアニアの人々にとってもクリスマスは、とても重要なイベントとなっている。特に首都ビリニュスで開催されているクリスマスマーケットは、リトアニアの新たな伝統とな  [詳細はこちら]

リトアニア

エストニア政府観光局が選ぶマナーハウス トップ10

エストニア政府観光局が選ぶマナーハウス トップ10

かつてドイツやスウェーデンの統治下にあったエストニアには、「マナーハウス」と呼ばれる豪華な領主館が数多く残されている。その多くが修復されラグジュリーなホテルとして使用され、ワインやディナー、スパ・トリートメントを楽しんだ  [詳細はこちら]

エストニア

エストニアでお洒落に新年を迎えよう!

エストニアでお洒落に新年を迎えよう!

大晦日は、過去に別れを告げ未来を迎える日。エストニアでは、年が変わる瞬間に花火が打ち上げられ、人々は新年の誓いを胸に刻む。大晦日にはエストニア各地で、多くの楽しいイベントが行われている。 ヴァネムイネ劇場のダンスパーティ  [詳細はこちら]

エストニア

ヴィリニュスのクリスマス

ヴィリニュスのクリスマス

クリスマス・シーズンまでのカウントダウンがスタート!リトアニアの首都ビリニュスでは、旧市街の中心にある大聖堂前広場(カテドゥロス広場)でクリスマス・マーケットが毎年開催され、リトアニアのクリスマスの雰囲気が楽しめる。 中  [詳細はこちら]

リトアニア

リトアニアの文化遺産「歌と踊りの祭典」で独立100周年を祝う

リトアニアの文化遺産「歌と踊りの祭典」で独立100周年を祝う

2018年に独立100周年という記念の年を迎えるバルト三国。その最も記念すべき年に、リトアニアで4年に1度の国民的行事「歌と踊りの祭典」が開催される。 1924年にカウナスで開催された歌の祭典の流れをくむ「歌と踊りの祭典  [詳細はこちら]

リトアニア

ラトビア伝統文様のキーホルダー作りを体験!

ラトビア伝統文様のキーホルダー作りを体験!

去る9月21日から24日まで東京ビックサイトで開催された「ツーリズムEXPOジャパン」。全国47都道府県と世界130ヶ国の地域を合わせ1310の企業や団体が出展し、期間中の来場者数は過去最高となる191,577人を数えた  [詳細はこちら]

ラトビア

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 17

このページの先頭へ