ラトビア

112件中 1~10件を表示しています

ラトビア独立100周年のハイライトは世界遺産の『歌と踊りの祭典』

ラトビア独立100周年のハイライトは世界遺産の『歌と踊りの祭典』

ラトビア投資開発公社は先ごろ、東京都渋谷区にある駐日ラトビア大使館において「ラトビア独立100周年記念セミナー」を開催した。 セミナーに先立ち、ラトビア共和国特命全権大使のダツェ・トレイヤ=マスィー閣下が来場者に向け挨拶  [詳細はこちら]

ラトビア, 観光ニュース

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

バルト海沿岸の田園を旅しよう!

生活様式やメンタリティに似た面を持ちつつも、それぞれの独自性も誇るフィンランド・エストニア・ラトビアの人々。この3ヶ国はいずれも安全で旅がし易く、交通網も整備され、ゲストハウスや田舎風ホテルが数多く点在する人里離れた田園  [詳細はこちら]

エストニア, フィンランド, ラトビア

ラトビアのクリスマス

ラトビアのクリスマス

ラトビアの人々にとってのクリスマスのご馳走といえば「ジンジャーブレッド」。家庭で焼いたり、ジンジャーブレッド用の生地を売るパン屋もある。伝統的なジンジャーブレッドの材料は、ハチミツに麦芽、バター、卵、小麦粉の他に、生姜や  [詳細はこちら]

ラトビア

ラトビア伝統文様のキーホルダー作りを体験!

ラトビア伝統文様のキーホルダー作りを体験!

去る9月21日から24日まで東京ビックサイトで開催された「ツーリズムEXPOジャパン」。全国47都道府県と世界130ヶ国の地域を合わせ1310の企業や団体が出展し、期間中の来場者数は過去最高となる191,577人を数えた  [詳細はこちら]

ラトビア

ドベレ(ラトビア)の「アップル・フェスティバル」

ドベレ(ラトビア)の「アップル・フェスティバル」

ラトビア中央部、「文化的地域」と呼ばれるゼムガレ(Zemgale)のベルゼ(Bērze)河岸に、伝統的にリンゴの栽培を行うドベレ(Dobele)という町がある。町にはラトビアの有名な園芸家「Pēteris Upītits  [詳細はこちら]

ラトビア, 田園ツーリズム

1930年代のラトビア観光プロパガンダは「自国を旅しよう!」

1930年代のラトビア観光プロパガンダは「自国を旅しよう!」

ラトビアの首都リガにある「歴史と海運の博物館」で現在、ラトビア観光に関する展示が行われている。 これは、人生で最高の娯楽の一つである「旅行」について、国内の博物館や公文書館に保管されていた芸術作品や資料が集めた展覧会で、  [詳細はこちら]

ラトビア

花火とともに迎えるリガの新年

花火とともに迎えるリガの新年

12月31日、リガの住民やそこに滞在するツーリストは、ダウガヴァ川沿いの「11月11日通り」で新年を祝う。この日の夜10時から元日の午前2時にかけて、ラトビアのポップ・ミュージシャンによるダイナミックなコンサートが開催さ  [詳細はこちら]

ラトビア

ラトビアの工芸品が並ぶリガのクリスマスマーケット

ラトビアの工芸品が並ぶリガのクリスマスマーケット

甘い香りのホットワインやロースト・アーモンド、クリスマス仕様のお茶やコーヒー、光り輝くジンジャーブレッド、スモーク・ミートなどの肉製品などが、ところ狭しと並ぶリガのクリスマスマーケットは、美味しいものが好きな人々にとって  [詳細はこちら]

ラトビア

リガの街をツリーで飾るイベント”Christmas Tree Trail 2016″

リガの街をツリーで飾るイベント”Christmas Tree Trail 2016″

「クリスマス・ツリー・トレイル」は7年前、リガの街中に様々なクリスマスのオーナメントを展示し、都会にクリエイティブな雰囲気を出すために始まったイベント。 1510年にリガで初めてクリスマス・ツリーが飾られたという伝説に基  [詳細はこちら]

ラトビア

クリスマスのリガの風物詩「フェスティバル・ヨーロピアン・クリスマス」

クリスマスのリガの風物詩「フェスティバル・ヨーロピアン・クリスマス」

ラトビアの首都リガでは、毎年12月に「フェスティバル・ヨーロピアン・クリスマス」が開催されている。期間中、世界的に有名なソリストや指揮者が、リガ大聖堂少年合唱団やラトビア・ラジオ合唱団、ラトビア国立シンフォニー・オーケス  [詳細はこちら]

ラトビア

1 2 3 4 5 6 12

このページの先頭へ